障害者エンパワメントと本人中心支援のあり方研究事業報告書

2012年度、公益財団法人キリン福祉財団より助成を受け、障害者総合福祉法骨格提言において提起された本人中心の支援のあり方について、名古屋市・大阪市での実例を踏まえ、他のものとの平等を実現する為の仕組みを実現するにはどのような仕組みが必要か研究し、障害者の地域での自立生活の確立に寄与する目的で「障害者エンパワメントと本人中心支援のあり方研究事業報告書」を作成しました。

下記から全文ダウンロードできます。数に限りがありますが、冊子をご希望の方はDPI日本会議事務局までご連絡下さい。※一部100円(送料)

■「障害者エンパワメントと本人中心支援のあり方研究事業報告書」 発行日:2013年3月29日



P51-60 関連資料「大阪市、西宮市」