2013年12月26日 (木)

「病棟転換型居住系施設について考える会」記者会見報告~急浮上する精神科病院の「病棟転換型居住系施設」問題~

急浮上する精神科病院の「病棟転換型居住系施設」問題をめぐり「病棟転換型居住系施設について考える会」が発足、DPI日本会議も賛同団体として参加しています。以下、12月25日に厚生労働省記者クラブにおいて行われた記者会見について報告します。

◇記者会見報告
「病棟転換型居住系施設について考える会」による記者会見を行いました

精神保健法改正を受け2013年7月から11月にかけて行われた「精神障害者に対する医療の提供を確保するための指針等に関する検討会」において精神科病院の病棟の一部を居住系施設に転換する構想が浮上し、12月18日厚生労働省発表の「良質かつ適切な精神障害者に対する医療の提供を確保するための指針案」に「病床を転換することの可否を含む具体的な方策の在り方について精神障害者の意向を踏まえつつ、様々な関係者で検討する。」との文言が盛り込まれました。

この動きに反対するため、長谷川利夫氏(杏林大学教授)らが呼びかけ人となって発足した「病棟転換型居住系施設について考える会」には12月23日現在で団体賛同18団体、個人賛同240名が参加しています。

▽病棟転換型居住系施設について考える会HP

2006年の障害者自立支援法施行時にも看板掛け替えの「退院支援施設」に対して、他団体とともに反対活動を展開してきたDPI日本会議は、同会に団体賛同しています。

12月25日の記者会見は、翌日26日に開催される社会保障審議会・障害者部会に先立って行われ、尾上浩二事務局長が参加しました。「病棟転換型居住系施設」が急浮上した経緯について長谷川利夫氏が説明した後、当事者の立場から加藤真規子氏(こらーる・たいとう)、関口明彦氏(全国「精神病」者集団)が「病棟転換型居住系施設」の問題点を指摘しました。
さらに上野秀樹精神科医が民間精神病院の立場からの構造的な問題について話した後、池原毅和弁護士が障害者権利条約から見た問題点を指摘し、偶然にも来日中だった精神障害法の専門家パーリン教授(ニューヨーク法大学院)の言葉「これは英語圏ではTransinstitutionalization(転換施設主義。注:施設から施設へ移すこと)と呼ばれる問題で、米国でも脱施設化の過程で発生した」を紹介しました。最後に記者からの質疑応答を受け、尾上事務局長から、これまでもこの手の構想は何度か浮上してきたが、2006年の退院支援施設でも反対の声が広がったこと、精神科病院の看板架け替えによる名目上の退院促進・地域移行の経緯を説明しました。

翌26日に開催された障害者部会では、複数の委員から、「最近批准承認となった障害者権利条約との整合性を図るべきだ」「精神障害者の人権に最大限配慮すると言いながら、病棟転換ということ自体が問題ではないか?」「病棟転換ではなく、地域での住まい確保こそ議論すべき」といった意見が相次ぎました。
一方で、「病棟転換という言葉による誤解。看板かけ替えは反対だが、デイケアや就労継続、アパート確保等を図り地域移行を進めて病床を削減したところもある。事例を集めて行く議論が必要」といった意見も出されました。

こうした議論の上、厚生労働省は「病棟転換型居住系施設の可否も含めてご議論頂く」とした上で、来年早々にも検討会を立ちあげて議論するとしました。今後どのように議論に参加し、運動を盛り上げて転換施設を阻止し、
本当の地域生活支援を実現していくかについてDPI日本会議も全力で取り組んで参ります。
みなさまのご協力をよろしくお願いします。

| | トラックバック (0)

2009年11月20日 (金)

第15回障害者政策研究全国集会(12/5-6・東京)

ご案内が遅くなりまして、申し訳ありません。皆様のご参加をお待ち申し上げます。

要項等で申込期限が11/20となっていますが、ぎりぎりまで受付可能です。よろしくお願いします。

 第15回 障害者政策研究全国集会開催要綱
 テーマ:「障害者権利条約をてこに真のチェンジを!」

要項(プログラム)はこちらからダウンロード(ワード形式)
趣意書はこちらからダウンロード(ワード形式)
申込用紙はこちらからダウンロード(ワード形式)

・日時:2008年12月5日(土)全体会 午後1時~午後4時30分 (受付:12時より)
          6日(日)各分科会 午前10時~午後4時30分(受付:9時より)
・会場:5日(土)戸山サンライズ 大研修室
     6日(日)戸山サンライズ
         新宿区立障害者福祉センター(2階会議室)

・参加申し込み:申し込み用紙に必要事項を記入の上、FAXまたはメール(fukushima@dpi-japan.org)、郵便で事務局まで送付してください。

・事務局:障害者政策研究集会実行委員会・事務局  担当:上薗、福島
    〒101-0054東京都千代田区神田錦町3-11-8 武蔵野ビル5階 
     DPI日本会議内(点字印刷ビギン) 
    TEL 03-5282-0015    FAX 03-5282-0017   
    Email fukushima@dpi-japan.org

続きを読む "第15回障害者政策研究全国集会(12/5-6・東京)"

| | トラックバック (2)

2009年7月 6日 (月)

医療観察法撤廃を求める集会(7/26・東京)

DPI日本会議も実行委員会に参加しています。お問い合せ、お申し込みは主催者まで直接お願いします。

なくせ! 差別と拘禁の医療観察法
7・26 全国集会

チラシ(地図)はこちらからダウンロード(PDF形式・0.8MB)

(初出6月18日)

・日時:7月26日(日)13~17時 (13:15開場)
・場所:東京芸術劇場 大会議室
    東京都豊島区西池袋1-8-1

・会場費:300円
・集会内容:リレートーク、音楽など

・主催・問い合わせ
 (1)心神喪失者等医療観察法(予防拘禁法)を許すな!ネットワーク
   kyodou-owner@egroups.co.jp  FAX: 03-3961-0212
 (2)国立武蔵病院(精神)強制・隔離入院施設問題を考える会
       TEL/FAX: 042-348-1127
 (3)医療観察法をなくす会
       reboot2010-owner@yahoogroups.jp
 (4)NPO大阪精神医療人権センター
       TEL: 06-6313-0056   FAX: 06-6313-0058

| | トラックバック (0)

2009年1月30日 (金)

ピアサポ祭(2/15・東京)

DPI日本会議が参加するイベントの案内です。お問い合せ、お申し込みは主催者まで直接お願いします。

ピアサポ祭りNABA&豆ネット共催フォーラム:星☆イツーツ!5回目の巻

様々な自助・ピアサポートグループが一堂に会する
ピアサポ祭

(初出1月13日)

NABAのサイトもご覧ください。

【日時】2009年2月15日(日)10:00~17:00     
【料金】前売2000円 当日2500円(資料代含む)

【会場】世田谷区民会館ホール 世田谷区世田谷4-21-27(世田谷区役所隣)

【申込方法】下記の口座に料金をお振込みいただくか、直接、NABA事務所でチケットをお買い求めください
 <郵便振替口座>0110-7-366019 加入者名 ナバ
・通信欄に、必ず「ピアサポ参加」および、参加人数と全員の氏名をご明記ください
・郵便振替の場合、チケットは送付いたしません。当日のお引き換えにになりますので、振込票の控えを忘れずにお持ちください
・保育(要予約)ご希望の方は、1月20日までにNABA事務所までご相談ください。

【お問合せ】NABA(ナバ)日本アノレキシア(拒食症)・ブリミア(過食症)協会   http://naba1987.web.fc2.com/
 〒156-0057東京都世田谷区上北沢4-19-12 
       シャンボール上北沢212 
       TEL:03-3302-0710

【共催】 NABA 豆ネットワーク       
【後援】 世田谷区

続きを読む "ピアサポ祭(2/15・東京)"

| | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

「なくそう!医療観察法」院内討論集会(10/14・東京)

DPI日本会議に届いたイベント案内です。お問い合せ、お申し込みなどは主催者まで直接お願いします。

10.14
「なくそう!医療観察法」院内討論集会にご参加を

・日時 10月14日(火)12時~13時30分 

・場所 参院議員会館第1会議室
・交通 地下鉄永田町駅 徒歩3分 国会議事堂駅 徒歩5分

・提起  内田博文さん(九州大教授:刑法)
     岡田靖雄さん(精神科医)

・発言 国会議員・当事者・弁護士・精神医療関係者・市民団体など

・主催 心神喪失者等医療観察法をなくす会
      http://nagano.dee.cc/08nakusu.htm
      東京都文京区本郷3-18-11 TYビル302東京アドヴォカシー法律事務所気付
      E-MAIL: reboot2010-owner@yahoogroups.jp

*議員会館への入場は11時30分から1階ロビー階段下で配布します。

続きを読む "「なくそう!医療観察法」院内討論集会(10/14・東京)"

| | トラックバック (0)

2008年10月 6日 (月)

障がいがあっても暮らしやすい街づくり(10/12・函館)

DPI日本会議副議長が登壇するイベントです。お問い合せ、お申し込みは主催者まで直接お願いします。

障がいがあっても暮らしやすい街づくりタウンミーティング in 道南

(初出9月24日)

チラシはこちらからダウンロード(ワード形式)

・日時:2008年10月12日 日曜日 12:30~15:30 (受付開始12:00)
・場所:北海道教育大学函館校 第一講義室
・参加費:無料
・定員:300名

・目的
この事業は、タウンミーティングの開催を通じて、精神障がい者及び精神疾患者、合わせて各それぞれの立場の障がい者の現状を知っていただき、地域に住む皆さんに正確な情報、知識を啓発し、障がい者の理解を深めることで、障がい者自身が、地域で楽しく生活をするための、環境づくりを普及、啓発する。その成果として、精神障がい並びに各障がいに対する誤解や偏見をなくすこと、地域の皆さんが、障がいを身近なことと感じていただくことを目的として開催します。

・問い合わせ先
特定非営利活動法人 全国精神障がい者地域生活支援センター 事務局 事業営業企画グループ
電話 0138-46-0600 FAX 0138-46-2720 E-mail mental@mls-j.com

続きを読む "障がいがあっても暮らしやすい街づくり(10/12・函館)"

| | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

精神保健福祉公開市民講座(4月~09年3月・神奈川)

DPI日本会議に届いたイベント案内です。お問い合せは下記まで直接お願いします。

(初出4/28)

精神保健福祉公開市民講座
障害とさまざまな法制度を学ぶ

神奈川大学公開講座

チラシはこちらからダウンロード(ワード形式)

・参加費  無料
・会場   KUポートスクエア
    (神奈川大学みなとみらいエクステンションセンター)
・開講日  午後1時開場、午後1時30分から午後4時30分までの講義です。

・講義内容
 4月19日   精神障害のある人の人権状況と法の理念
 6月21日   インフォームドコンセント、治療を受ける権利と治療を拒絶する権利
 9月13日   自己決定権と強制の調和点
 10月18日   精神保健福祉の国際基準、アメリカにおける精神保健福祉の発展(通訳つき)
 11月15日   精神障害と刑事法、責任能力と心神喪失者医療観察法をめぐって
 1月17日    精神障害と社会保障
 3月21日    精神障害と成年後見、保護者、権利擁護

・問合せ先 東京都文京区本郷3-18-11-302
    東京アドヴォカシー法律事務所
    電話 03(3816)2061
    Fax 03(3816)2063
    メール aoffice@attglobal.net

続きを読む "精神保健福祉公開市民講座(4月~09年3月・神奈川)"

| | トラックバック (0)

心神喪失者等医療観察法の廃止を求めて(7/27・東京)

DPI日本会議も開催に賛同するイベントの案内です。お問い合せ、お申し込み等は主催者まで直接お願いします。

保安処分法施行3年!
心神喪失者等医療観察法の廃止を求めて

(初出6月19日)

・日時  7月27日(日)13時~17時
・場所  南部労政会館 第6会議室
・交通  JR山手線 大崎駅 徒歩3分
・会場費 500円

・集会概要
 ○シンポジウム「破綻する医療観察法廃止の展望」
    池原 毅和さん(弁護士)
     岡田 靖雄さん(精神科医)
      菊地 香さん(「閉じ込めないで、もうこれ以上」毎日新聞意見広告担当者)  
      龍眼さん(当事者、心神喪失者等医療観察法に反対するネットワーク)

・共催 心神喪失者等医療観察法(予防拘禁法)を許すな!ネットワーク
     FAX 03-3961-0212
    国立武蔵病院(精神)強制・隔離入院施設問題を考える会
          TEL. 090-8432-1091/TEL.FAX 042-348-1127

続きを読む "心神喪失者等医療観察法の廃止を求めて(7/27・東京)"

| | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

「大阪維新プログラム」パブリックコメント今日まで

大阪精神医療人権センターからの呼びかけです。DPI日本会議としてもみなさまにご協力を呼びかけます。

(参考:抗議FAXの呼びかけ 5月7日)
http://dpi.cocolog-nifty.com/vooo/2008/05/fax_585a.html

 本当にたくさんの方のご協力により18000筆を越える署名が集まり、5/23と6/2に大阪府へ提出をしました。
その後は7月の臨時府議会のために府議会の議員さんにお願いにまわりました。
今は議会の様子を見守っています。
ただ、6月に出された大阪維新プログラムでも今年度予算案でも精神障がい者権利擁護システム事業(精神医療オンブズマン制度)は8月以降廃止、となったままです。

 今朝の新聞で知事が出した「大阪維新プログラム」へのパブリックコメントのことが載っていました。
(その記事↓)
http://osaka.yomiuri.co.jp/tokusyu/h_osaka/ho80712b.htm

 締め切りは本日月曜日(FAX・インターネットは23:59まで)で、間近ですが、ぜひ精神障がい者権利擁護システム事業(精神医療オンブズマン制度)の存続をもとめるパブリックコメントにご意見をお送りいただければ助かります。

【FAX送付先】
06-6944-1702 大阪府改革プロジェクトチームあて

【送付の際の留意点】 大阪府ホームページより
http://www.pref.osaka.jp/kikaku/ishin/ishin_pc.html
・個人人で提出いただく場合は、氏名・住所を、団体・グループで提出いただく場合は、所在地、団体・グループ名を必ず明記してください。明記されていない場合、受付できないことがありますのでご注意ください。
・提出いただいたご意見・ご提言の内容等について、確認させていただく場合がありますので、連絡先(電話番号等)も併せてご記入ください。
・なお、これらの情報は公表いたしません。
・ご意見・ご提言は、公表する場合があります。公表を希望しない場合には、意見提出用紙にその旨をご記入ください。

 締め切りが間近でのお願いですみませんが、ご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

| | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

映画「ふるさとをください」英語字幕版特別上映会(6/26・東京)

DPI日本会議に寄せられたイベント案内です。お問い合せ、お申し込みは主催者まで直接お願いします。

映画「ふるさとをください」英語字幕版完成特別上映会のご案内

(初出6月18日)

1.日時:2008年6月26日(木)午後6時 開場 6時30分 あいさつ・開映(94分)
2.会場:日本財団ビル 2F 大会議室
    〒107-8404  東京都港区赤坂1丁目2番2号 TEL:03-6229-5111(総合案内)
3.主催:きょうされん(旧称:共同作業所全国連絡会)
4.協力:日本財団

*下記事項ご記入の上、FAX(03-5385-2299:きょうされん事務局/川久保陽子宛)にてご返送ください。

ご芳名   
ご所属    
ご住所   
電話   
FAX 

続きを読む "映画「ふるさとをください」英語字幕版特別上映会(6/26・東京)"

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧