« 女性差別撤廃委員会日本政府審査傍聴&ロビーイング活動報告会 障害女性たちがジュネーブに飛んだ草の根の声よ、国連に響け!in札幌 | トップページ | ちょっと、がっちり、勉強してみよう 第2回韓国の障害者差別禁止法における人権委員会の事例判断について ―人権委員会はこうして差別事例を判断します― »

2016年6月23日 (木)

「TICADVIにおける市民社会および障害者の貢献」セミナー

国際協力機構(JICA)の研修員受入事業として、アフリカ9ヶ国(南アフリカ、モザンビーク、ナミビア、ジンバブエ、スワジランド、スーダン、エジプト、レソト、ボツワナ)から障害者リーダーと障害分野の行政官が、「アフリカ地域 障害者の自立生活とメインストリーミング」研修のため来日します。
その研修生たちを交えて、8月27・28日にケニアのナイロビで開催されるアフリカ開発会議(TICAD VI)の準備となるセミナー開催いたします。
TICADとアフリカの障害者政策を知る機会にもなりますので、皆様のご参加を心よりお待ちしております。
■日時:7月23日(土)16時~20時(15時30分から受付開始)
■場所:JICA東京国際センター(JICA東京)別館 
    (東京都渋谷区西原2-49-5)
 
   ・京王新線 幡ヶ谷駅下車(南口出口)徒歩8分
   ・地下鉄千代田線 代々木上原下車(西口出口)徒歩12分
    ※駐車スペースはございませんので、公共交通機関をご利用ください。
■プログラム:
16:00 開会あいさつ
16:10 【第一部】 TICADVIの意義 
 「TICAD VIの目的」 JICAアフリカ部TICAD推進室
 「TICADへの市民社会の貢献」市民ネットワークfor TICAD
17:45 休憩
18:00 【第二部】 障害分野からTICADVIへの提言
 ※JICA南アフリカ、ケニア事務所より衛生テレビ会議システム利用
 Mr. Kudakwashe Dube 
 (CEO, African Disability Alliance、TICAD V 市民社会(障害分野)代表)
 Mr. Mike Kilonzo Kenya
 (Director, Human Care Centre/ 2011年度JICA研修員、
  TICAD VI市民社会(障害分野)代表)
18:30 研修生からの質問ならびにコメント
18:55 閉会あいさつ
20:00 終了
◆参加費:無料
◆言語:英語(通訳有り)
◆情報保障:手話通訳、文字通訳、点字資料、拡大資料(A3印刷)、磁気ループ等
◆参加申込:
 1.下記フォームよりお申込みください。
 
 2.メールやファックスでも受け付けております。
 氏名(ふりがな)、所属団体、ご連絡先、メールアドレス、
 情報保障の有無(手話、点字資料、拡大資料、磁気ループ等)、
 タイトルに「TICADセミナー」と明記の上、下記問合せ先までお申込みください。
◆申込〆切:7月20日(水) 
◇お申込・お問合せ:DPI日本会議(担当:田丸、落合)
電話 03-5282-3730、ファックス 03-5282-0017
メール office_en@dpi-japan.org
◇共催:独立行政法人 国際協力機構(JICA)、特定非営利活動法人 DPI日本会議
◇協力:ヒューマンケア協会
◇後援: アフリカ日本協議会(申請中) 市民ネットワークforTICAD(申請中)

|

« 女性差別撤廃委員会日本政府審査傍聴&ロビーイング活動報告会 障害女性たちがジュネーブに飛んだ草の根の声よ、国連に響け!in札幌 | トップページ | ちょっと、がっちり、勉強してみよう 第2回韓国の障害者差別禁止法における人権委員会の事例判断について ―人権委員会はこうして差別事例を判断します― »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159489/63818220

この記事へのトラックバック一覧です: 「TICADVIにおける市民社会および障害者の貢献」セミナー:

« 女性差別撤廃委員会日本政府審査傍聴&ロビーイング活動報告会 障害女性たちがジュネーブに飛んだ草の根の声よ、国連に響け!in札幌 | トップページ | ちょっと、がっちり、勉強してみよう 第2回韓国の障害者差別禁止法における人権委員会の事例判断について ―人権委員会はこうして差別事例を判断します― »