« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月21日 (火)

第3回DPI障害者政策討論集会 ご案内

今年も12月13日(土)、14日(日)に、第3回DPI障害者政策討論集会を開催します!
昨年行われた第2回目では、障害者権利条約の批准が閣議決定され、批准目前という中、批准後の障害者政策について議論しました。その後、今年1月20日に日本も障害者権利条約を批准し、9月1日に障害者政策委員会が再開され、権利条約の国内実施に向けて取り組みを進めています。

第3回目となる今集会では、1日目に全体会として、障害者政策委員会での活動や課題、今年度DPI日本会議が取り組んでいる「差別解消NGOガイドラインプロジェクト」、障害者権利条約の完全実施に向けて、国内での履行・監視体制などについて、ご報告をいただきます。

2日目の分科会では、地域生活、交通・まちづくり、権利擁護、教育、女性障害者、国際協力の6つの分科会を開催し、それぞれのテーマでの課題、取組みを報告し、2日間通して差別のない社会に向けて、私たちが何をすべきか議論していきたいと思います。

全国各地からの多くの皆様のご参加をお待ちしております。


◆◇第3回DPI障害者政策討論集会 開催要綱◇◆
障害者権利条約が目指す差別のない社会に向けて~当事者は何をすべきか~

○日時:
12月13日(土)13時~16時30分 (受付開始12時30分)、
12月14日(日)10時~16時(受付開始 9時30分)
○会場:戸山サンライズ2階大・中研修室(東京都新宿区戸山1-22-1)他
○参加費:3,000円(介助者で資料不要な方は無料)、弁当代1,000円(12月14日のみ、事前申込のみ受け付けます)
○個別支援:手話通訳、PC文字通訳、点字資料等をご希望の方は、申込用紙にご記入ください

○プログラム ※以下、敬称略
【1日目】12月13日(土)13時~16時30分

■全体会「障害者権利条約の完全実施への課題~障害者政策委員会の役割、差別解消NGOガイドラインプロジェクト報告~」
○基調講演「制度改革の歩みと今後の課題」
  石川 准(静岡県立大学教授、内閣府障害者政策委員会委員長)
○報告「差別解消NGOガイドラインプロジェクト報告」
  佐藤 聡(DPI日本会議事務局長)
○パネルディスカッション「障害者権利条約の履行と監視」
・報告者:東 俊裕(弁護士、前内閣府障害者制度改革担当室長)、長瀬 修(立命館大学客員教授)
・コーディネーター:平野 みどり(DPI日本会議議長、ヒューマンネットワーク熊本)
・コメンテーター:石川 准(静岡県立大学教授、内閣府障害者政策委員会委員長)
・総合司会:海老原 宏美(自立生活センター東大和 理事長)

【2日目】12月14日(日) 6分科会
<午前の部:10時~12時30分>
■分科会1:地域生活「骨格提言の実現に向けて~当事者と研究者の視点から今後の取り組みを検討する~」
○報告者:照井 直樹(厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部障害福祉課)、茨木 尚子(明治学院大学社会学部教授)、岡部 耕典(早稲田大学文化構想学部教授)
○指定発言:加藤 真規子(精神障害者ピアサポートセンターこらーる・たいとう)、西田 えみ子(難病をもつ人の地域自立生活を確立する会)
○コメンテーター:尾上 浩二(DPI日本会議副議長、障害者制度改革担当室政策企画調査官)

■分科会2:権利擁護「全国に広がる条例づくり運動 ~実践報告、上乗せ・横出し課題の整理~」
○報告者:生井 祐介(茨城に障害のある人の権利条例をつくる会)、矢吹 文敏(日本自立生活センター代表)、岩崎 義治(自立生活センターてくてく事務局長)、長位 鈴子(自立生活センター・イルカ代表)
○司会:辻 直哉(愛知県重度障害者団体連絡協議会副会長)
○コーディネーター:金 政玉(DPI日本会議 地域政策顧問)

■分科会3:国際協力「インクルーシブな社会を目指して」
○基調報告:「持続可能な開発目標と人間の安全保障」 大菅 岳史(外務省国際協力局参事官)
○パネルディスカッション 「当事者による国際協力活動の意義」
・パネリスト: AJU自立の家、ヒューマンケア協会、メインストリーム協会、さくら・車いすプロジェクト、日本障害者リハビリテーション協会、DPI日本会議から
・ファシリテーター:中西 由起子(DPI日本会議副議長、アジア・ディスアビリティ・インスティテート代表)

<午後の部:13時30分~16時>
■分科会4:交通・まちづくり「2020年東京オリンピック・パラリンピック~当事者からのバリアフリー提言~」
○パネルディスカッション
・報告:DPI日本会議バリアフリー部会
・コメンテーター:川内 美彦(東洋大学教授)
・司会:伊藤 秀樹(DPI日本会議交通担当役員)

■分科会5:教育「就学先決定・合理的配慮実施の検証と差別解消法への道」
○報告
「就学先決定の仕組みの変更・学校における合理的配慮と差別解消法での対応」:中山 恭幸(文部科学省 特別支援教育課課長補佐)
「保護者のつきそい強制の実態と医療的ケア等をめぐる合理的配慮の各地の動き」:一木 玲子(筑波技術大学准教授)
○シンポジウム「就学先決定・医療的ケア、通学支援、高校・大学進学をめぐる各地の動き」
・シンポジスト:殿岡 翼(全国障害学生支援センター代表)、山崎 めぐみ(インクルネットほっかいどう)、西尾 元秀(障害者の自立と完全参加を目指す大阪連絡会議事務局長)
・司会:海老原 宏美(自立生活センター東大和 理事長)

■分科会6:女性障害者「私たちが求めてきたもの、目指していくもの~DPI女性障害者ネットワークの活動を通して~」
○報告者:藤原 久美子(自立生活センター神戸Beすけっと事務局長、DPI女性障害者ネットワーク)、臼井 久実子(障害者欠格条項をなくす会事務局長、DPI女性障害者ネットワーク)、米津 知子(DPI女性障害者ネットワーク)


◆参加申込方法:
下記メールフォームまたは申込書をダウンロードし、メール、ファックス、郵送にてお送り下さい。

 ▽申込用メールフォーム(DPIブログ「Vooo!」)
 ▽申込書・プログラム等(DPIブログ「Vooo!」)
  

【お申込先】
メール dpijapan@gmail.com ファックス 03-5282-0017


◇事務局・お問い合わせ先:
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-11-8武蔵野ビル5F
DPI日本会議内 担当:笠柳(かさやなぎ)
お申込み用メール dpijapan@gmail.com、ファックス 03-5282-0017、電話 03-5282-3730、お問合せ用メール tenji.begin@dpi-japan.org


 ▽当日プログラム等(DPIブログ「Vooo!」)


多くの皆様のご参加をお待ちしております!!

| | トラックバック (0)

2014年10月 7日 (火)

持続可能な開発目標(SDGs)公開作業グループ成果文書の障害関連記述

4月30日付の記事でお伝えしましたが、世界の貧困削減等を目的にした国際的な開発枠組みであるMDSs(ミレニアム開発目標)が来年終了するため、それに続く、2015年以降の国際開発枠組みが、国連加盟国の政府代表を中心とした作業チームで議論されてきました。
そして、7月19日に、持続可能な開発目標(SDGs)に関する公開作業グループの成果文書(ゼロ・ドラフト)が発表され、正式に第64回国連総会に提案されました。国際障害同盟(IDA)や国際障害開発コンソーティウム(IDDC、主にヨーロッパの障害関連団体から成る)等、世界各国の障害者団体の働きかけによって、障害に関しても言及がなされています。今後は、11月までに国連事務局から統合報告書が出され、その後は来年9月の国連総会での採択に向けて、政府間交渉の場に入っていきます。
以下、「持続可能な開発に関する公開作業グループの成果文書」(Outcome Document - Open Working Group on Sustainable Development Goals)の一部(障害に関係する箇所)と「開発目標」の全項目をご紹介します。

持続可能な開発目標(SDGs)に関する
公開作業グループの成果文書 ゼロ・ドラフト第一次修正案

持続可能な開発に関する公開作業グループの提案の紹介
4  人々は持続可能な開発の中心に位置し、この点で、Rio+20は公正で公平な、インクルーシブな世界のために努力することを約束し、持続可能でインクルーシブな経済成長、社会開発と環境保護の推進のために共に働くこと、そしてすべての人、特に世界の子どもや、年齢、性別、障害、文化、人種、出生、移民状況、宗教、経済やその他の状況などあらゆる種類の区別なしに世界の若者や将来の世代すべての人に利することを決意した。
17 持続可能な開発目標実施のモニタリングのために、所得、ジェンダー、年齢、人種、民族、移民状況、障害、地理的位置、およびその他の持続可能な開発実施のモニタリングを支援する、国内状況にあった特徴的項目にわけたデータや統計の利用の可能性を高めることは重要である。確実に誰も取り残されないように、質と分類されたデータの範囲と利用の可能性の向上が必要である。

持続可能な開発目標
目標1.あらゆる場所のあらゆる形態の貧困を終了する。
目標2.飢餓を終了し、食糧安全保障と栄養の向上を達成し、持続可能な農業を促進する。
目標3.すべての年齢のすべての人に、健康な生活を保障し、幸福を推進する。
目標4.すべての人にインクルーシブで公正な質の教育を保障し、生涯学習の機会を推進する。
4.5 2030年までに、教育上のジェンダー間の格差を解消し、障害者、原住民および脆弱状況にある子どもを含む、脆弱者に対してあらゆるレベルの教育および職業訓練への平等なアクセスを確保する。
4.a 子ども、障害、ジェンダーに配慮した教育施設をつくり、改良するとともに、すべての人にとって安全、非暴力かつインクルーシブで効果的な学習環境を提供する。
目標5.ジェンダー平等を達成し、女性と女子全員をエンパワーする。
目標6.すべての人に、水と衛生の利用および持続可能な管理を保障する。
目標7.すべての人に、手頃で、信頼できる、持続可能な、現代的エネルギーへのアクセスを保障する。
目標8.すべての人にとって持続した、インクルーシブで持続可能な経済成長と、完全で生産的な雇用、相応の仕事を促進する。
8.5 2030年までに、若年者および障害者を含む、すべての男女に生産的な完全雇用およびディーセントワーク、ならびに同じ価値の労働についての同一報酬を達成する。
目標9.強固なインフラを構築し、インクルーシブで持続可能な工業化を促進し、技術革新を促進する。
目標10.国内および国家間の不平等を削減する。
10.2 2030年までに年齢、性、障害、人種、民族、生まれ、信仰あるいは経済的その他の地位にかかわらず、すべての人をエンパワーし、社会的、経済的、政治的インクルージョンを促進する。
10.3 均等な機会を保障し、この点で、差別的法律や政策、制度を削減し、適切な立法や政策、活動を推進することで不平等な結果を削除する
目標11.都市および居住地をインクルーシブで安全、強固、持続可能にする。
11.2 脆弱な状況にある人、女性、子ども、障害者および高齢者のニーズに、とりわけ留意して、とくに公共交通機関を拡充することにより、道路の安全を改善することで、すべての人に安全、手頃、アクセシブルで、持続可能な公共交通システムを提供する。
11.7 2030年までに、とくに女性、子ども、高齢者および障害者に安全かつインクルーシブで、アクセシブルな、緑に覆われた公共スペースへのユニバーサルなアクセスを提供する。
目標12.持続可能な消費および生産形態を保障する。
目標13.気候変動とそのインパクトと闘うために緊急の行動を起こす。
目標14.持続可能な開発のため、海浜と海岸、海洋資源を保全し、持続的に活用する。
目標15. 地球のエコシステムを保護と回復を行い、森林を持続的に管理し、砂漠化と闘い、陸地の浸食の停止と変換を行い、生物多様性の喪失を停止する。
目標16.持続可能な開発のために平和でインクルーシブな社会を促進し、すべての人に正義へのアクセスを提供し、すべてのレベルでの効果的で、説明可能な、インクルーシブな制度を構築する。
16.7 敏感で、インクルーシブで、参加型で、代表者からなるあらゆるレベルの政策決定を保障する。
目標17.実施手段を強化し、持続可能な開発のためのグローバルなパートナーシップを再活性化する。
17.18 2020年までに、後発開発途上国や小島嶼開発途上国(SIDS)を含む途上国に対して、所得、ジェンダー、年齢、人種、移民状態、障害、地理的位置およびその他の国内状況にあった特徴的項目にわけた、質の高い、タイムリーな、信頼できるデータの存在を大幅に増やすための能力構築支援を増大する。

【DPI日本会議仮訳】

【原文全文はこちら

| | トラックバック (0)

2014年10月 2日 (木)

三澤了基金設立のお知らせ☆若手障害者のやりたいこと大募集!!&ご寄付のお願い‏

2014年4月21日、22日の2日間に渡り、「三澤了さんの遺志を継ぐ会」を開催しました。権利条約を批准し新しい時代を創っていくこの時期に、次世代への運動の引き継ぎに心を砕いてこられた三澤さんの遺志を振り返り、学び、実際に行動に取り組む、という趣旨の会に対し、全国・世界各国から、多くの賛同をいただきました。

DPI日本会議では、この「継ぐ会」への賛同金の残金を元に、「三澤了基金」を新たに設立し、新しい時代を担う次世代の障害者リーダーを育てるために活用することといたしました。

■次世代を担う若手障害者の「やりたいこと」大募集!

◎イベントやりたい・参加したい
◎勉強したい・研修を受けたい
◎一緒に活動する仲間をつくりたい

この基金では、「やりたいこと」はあるけれど、資金調達が難しく実行できない若手障害当事者を応援して、活動資金の提供や資金調達のお手伝いをします。対象は個人・団体・グループなど。申請受付は随時!みんなで基金を活用しましょう!

◇申請方法について
1.助成申請書を提出
  ▽三澤基金助成申請書はこちら
  

2.担当者による審査→助成決定
3.実施(積極的に活動報告をしてください)
4.報告書の提出
  ▽三澤基金助成報告書はこちら
  

5.ウェブサイトに活動報告を掲載


■ご寄付のお願い、未来につなぐお手伝いを

継続的な活動のため、皆さまからのご寄付を随時受け付けております。
ぜひとも応援お願いします。

メール、お電話、ファックスのいずれかの方法により、
1.お名前 
2.ご住所
3.連絡先(メールアドレスor電話)
4.ホームページ等へのお名前記載の可否 
5.領収書希望の有無
について事務局までお知らせください。
振替口座ご利用の場合は、通信欄にお書き添えください。
なお、こちらへの寄付は寄附金控除の対象になりません。

◇お振込口座のご案内◇
1.銀行をご利用の場合
  ゆうちょ銀行 〇一九(ゼロイチキュウ)支店
  当座預金 0790562 ミサワサトルキキン
2.郵便局をご利用の場合
  ゆうちょ銀行 振替口座
  00120-4-790562 三澤了基金

▽寄付申込書はこちら

ご支援お待ちしております。

◎「三澤了基金」パンフレットはこちら
(表面)
(裏面)
(テキスト版)

☆三澤了について☆
1942年4月1日生まれ。学生時代に事故で頸髄を損傷し車いすを利用するようになる。1973年「頸髄損傷者連絡会」を結成。会長に就任し、以降、まちづくり運動や所得保障等の課題に取り組む。1993年からDPI日本会議事務局長に就任。三澤さんが事務局長を務めた10年余りで、交通行動の全国展開、全国各地での総会・集会の開催、会員組織の拡大など、DPI日本会議を軸にした障害者運動が大きく花を咲かせた。2002年第6回DPI世界会議札幌大会では、政府や全国的な障害者団体を大きく取りまとめた。1995年の阪神淡路大震災、2011年の東日本大震災においては、障害当事者による救援活動の先頭に立った。障害に関する国際的な舞台でも、日本の障害者運動を代表して参加した。こうした積み重ねの上に、現在の、障害者権利条約の批准や差別解消法の制定などの成果がある。
2004年DPI日本会議議長に就任。2013年9月30日、その生涯を終えるまで、常に運動の先頭に立ちながらも、その温厚な人柄は多くの障害当事者や関係者から大きな信頼を得ており、日本の障害者運動の未来を担う次世代リーダーの育成に尽力した。


◆お問い合わせ、ご連絡先
三澤了基金運営事務局
(〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-11-8武蔵野ビル5階認定 NPO法人DPI日本会議内)
電話 03-5282-3730、ファックス 03-5282-0017
メール misawa.kikin@gmail.com
公式Facebookページ 

| | トラックバック (0)

2014年10月 1日 (水)

楠敏雄・偲ぶ会 ーその人、その仕事、その思想 U-STREAMとツイッターで中継

本日、楠敏雄氏(前障害者の自立と完全参加を目指す大阪連絡会議議長、前DPI日本会議副議長)の偲ぶ会が大阪市天王寺区のたかつガーデンで行われております。

U-Streamで中継されておりますので、ご覧ください。


Twitterでもテキスト配信中です。

| | トラックバック (0)

障害のある人もない人も共に歩み幸せに暮らすための茨城県づくり条例タウンミーティング

茨城県障害者権利条例が2015年4月1日からはじまります。「茨城県に障害のある人の権利条例をつくる会」(通称:いばけんつ)では、この条例をもとに、障害のある人もない人も平等に暮らし、誰もが差別のない住みやすい
茨城県をつくっていこうと活動しています。

今回のタウンミーティングは全3回のうちの第一弾です。

■日時:10月18日(土)13:30開始
■場所:鹿島勤労文化会館(〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中325-1)
■内容:条例の説明、身近な差別、差別事例の収集
■資料代:500円
※手話通訳・要約筆記が必要な方は、開催日2週間前までに主催者までご連絡ください。

◇お申し込み不要、どなたでも参加できます。
◇主催、お問合せ:茨城に障害のある人の権利条例をつくる会 事務局
自立生活センターいろは内
(〒311-4141 水戸市赤塚1-1970-5 KTMビル1B)
電話:029-252-8486 ファックス:029-252-8487 
メール:ibajyourei@gmail.com
ホームページはこちら

※第2回は11月19日(水)つくばインフォメーションセンター、 第3回は12月12日(金)水戸市福祉ボランティア会館ミオスで行います。 詳細は下記チラシをご参照ください。

▽チラシはこちら(JPEG) 
チラシ表面
チラシ裏面

| | トラックバック (0)

北部地域・障害者ネットワーク

湖北の地域生活をめざすCILだんないと湖北CILを中心に昨年の11月後半から、徐々に会議を重ねてきた。小さな集団が「北部地域・障害者ネットワーク」として結集して活動をしていくことになります。
もちろん、それぞれの活動をメインにしながら、湖北地域で起こる障害者を巡るいろんなことを共有し、議論し、発信し、行動することをめざしています。
大きな特徴は「ピアカウンセリング」の確認事項でもある何でも言い合える環境づくり、会議づくりから、始まる議論などを丁寧に重ねてゆっくりでも着実に前に進める素朴な障害者の集まりができようとしています。
是非結成集会に多くの方に参加して頂きスタートを見届けていただけませんか。

■日時:10月13日(月)13時~16時30分頃(予定)
■場所:長浜市勤労者福祉会館「臨湖」(〒526-0067 滋賀県長浜市港町4-9)
■内容
第1部 結成記念講演
「~条例づくりへのみちすじ~そこから見えてきたさまざまなことを語ろう」
沖縄県石垣市「自立生活センター南十字星」の金城太亮さん
第2部 当事者の若者からの発信:パネルディスカッション
パネルディスカッション初体験の人たちをあえて選んでみました。
北部地域の若者の熱い思いを共有して共感してください。
障害当事者3人ネタ仕込み中です☆
◇参加料:500円(資料代)
◇主催・お問い合わせ:CILだんない 事務局(代表 美濃部)
(〒529-0423 滋賀県長浜市木之本町千田681-4)
電話:0749-50-3639 ファックス:0749-50-3961 メール:dannai@ae.auone-net.jp

▽チラシはこちら(PDF)

| | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »