« 第2回誰もが暮らしやすいまちづくりフォーラム2014 ~差別をなくし共生社会の実現を目指して!~ | トップページ | 差別又は好事例の収集についてご協力のお願い »

2014年8月21日 (木)

みちのくTRY~Extra edition~

昨年、一昨年と「みちのくTRY~障がい者も住める街づくり~」という名称のイベントを行いました。

岩手県陸前高田市から宮古市までの約150キロの道のりを障がい者とボランティアが寝食を共にし沢山の団体の方々や個人のみなさまの協力をいただきながら二週間歩ききりました。

今年のみちのくTRYは、障がいがあっても外に出ることは楽しい!外に出たい!!と感じてもらい、色々な人と関わりをもつことで当事者やそのご家族に身のまわりにある福祉や制度に目を向け考えてもらうきっかけを作りたいと考えました。一人で、または家族だけで抱えていた問題を共通の思いにできたらと思います。
障がい当事者がもっと外へ出てもっともっと声を出せばきっと周りが変わってきます。

東北の福祉が変わって行くための次の一歩として外へ出かけることが楽しい、もっともっと外へ!との障がい者自身の声が高まることを願い企画いたしました。

■日時:9月13日(土)~15日(祝・月)
■場所:宮城県気仙沼市大島 国民休暇村大島キャンプ場
    (〒988-0603 宮城県気仙沼市外畑16)
※集合場所は、被災地障がい者センターみやこ、宮古駅、釜石駅、被災地障がい者センター石巻、NPO法人 奏海の杜、気仙沼駅、気仙沼港になります。
 詳細は下記開催要項、申込用紙をご覧ください。

■参加料:宿泊・食費・大島までの船代は無料となります。
ただし、岩手は宮古駅、釜石駅、宮城は気仙沼駅までの交通費やイベント参加のための前泊費用等は自己負担でお願いいたします。
■内容:2泊3日でキャンプを行います。バーベキュー・花火・温泉などを通じて交流や体験を予定しています。

■参加資格
 ○障害当事者
・障がいを持った方で普段、なかなかキャンプに参加する機会のない方。
・保護者及び緊急時に連絡のとれる方がいること。
・医療的ケアの必要な方はその介助のできる方と同伴できること。

 ○ボランティア
・みちのくTRYに参加する障がい者(児)の方の介助をお願いします。
 これまでに障がい者(児)の方の介助を経験された方に限ります。
(家族に障がいを持つ方がいる方、現在、学生で将来、福祉関係を希望している方の参加可能と致しますが、申込み人数が多い場合には お断りする場合もございますのでご了承ください。)
・運転が出来る方にはリフトカーの運転をお願いすることもあります。
 (運転ができない方もOKです。)
 
◇申し込み方法
・9月5日(金)までに、お近くの実行委員会に参加申し込み用紙を直接お持ちいただくか、メール、ファックス、郵便等でご送付ください。
(郵送が間に合わない場合には一度お電話下さい。)

◇申し込み・お問い合わせ先:
岩手県:みちのくTRY実行委員会(被災地障がい者センターみやこ)
〒027-0084  
岩手県宮古市末広町6-8被災地障がい者センターみやこ内
電話 0193-77-3636(9:00~18:00)ファックス 0193-77-3643
メール hisai_syougai@yahoo.co.jp
担当 黒柳(くろやなぎ)

宮城県
1.NPO法人 奏海の杜(かなみのもり)
〒987-0602
宮城県登米市中田町上沼字西桜庭32-1
電話 0220-44-4171(9:00~17:00)ファックス 0220-44-4841
メール hisaitikouen@yahoo.co.jp
担当 太齋(だざい)
 
2.被災地障がい者センター石巻
〒986-0861
宮城県石巻市蛇田字中埣37
電話 0225-25-5388(10:00~17:00)ファックス 0225-22-8658
メール hsc_ishinomaki@yahoo.co.jp
担当 箕田(みた)

▽参加募集要項、申し込み用紙はこちら
※参加に当たっての注意事項、準備物等についてもこちらに明記されているので、
 ご確認ください。

○障害当事者用参加要項 
  
◎障害当事者用参加申し込み用紙 
 
○ボランティア用参加要項
  
◎ボランティア用参加申し込み用紙 

|

« 第2回誰もが暮らしやすいまちづくりフォーラム2014 ~差別をなくし共生社会の実現を目指して!~ | トップページ | 差別又は好事例の収集についてご協力のお願い »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159489/60185613

この記事へのトラックバック一覧です: みちのくTRY~Extra edition~:

« 第2回誰もが暮らしやすいまちづくりフォーラム2014 ~差別をなくし共生社会の実現を目指して!~ | トップページ | 差別又は好事例の収集についてご協力のお願い »