« 電話のバリアフリー化を促進する公的電話リレーサービスの義務化へのオンライン署名のお願い | トップページ | 3月29日(土)無年金障害者「ねんきん110番」のご案内 »

2014年3月11日 (火)

3月30日(日)《2014被災地の移動送迎支援活動セミナー》大災害時における障がい者・移動制約者の実態と取り組みの課題 必要な移動送迎支援活動

東日本大震災から3年目を迎えた今も「公共交通機関などが徐々に整備され、ニーズが減っていくのではとの予測に反して、障がい者・高齢者への配慮が行き届いておらず、移動手段のニーズに対応しきれていない」(被災地障害者センター報告)という状況に胸がつまる想いです。
自由な移動を制約されている方々への期限が延長された仮設住宅などにおける移動送迎支援活動の継続が、ますます重要な課題になってきているのです。

本セミナーにおいて、被災地での日常的な行政、医療、各地の支援団体グループとの連携や 現地スタッフの養成、今後の自然災害支援活動時にもつながる支援体制の整備などについて、移動制約者にとって利用できる交通機関がなかった実態も含めての解明と現地からの報告を交えて、参加者全体でこれからの取り組みの課題を考えていきたいと思います。
多くの心ある皆さん方のご参加をお待ちしております。

○日時:2014年3月30日(日)13時半~(開場13時)
○場所:たかつガーデン(大阪府教育会館・大阪市天王寺区東高津町7-11)
○内容:
【講演】
「災害時における障がい者・移動制約者の実態と必要な移動送迎支援活動」
・講師:吉田 樹さん(福島大学 経済経営学類 准教授)福祉送迎調査研究者

【パネルディスカッション】
「災害時の移動支援の現状と3年になっての取り組みと課題」
・報告と課題の提起
1.村島 弘子さん(NPO 法人 移動支援レラ 代表/石巻市大街道東)
2.竹下 敦子さん(NPO 法人 ハックの家 代表/岩手県下閉伊郡田野畑村菅窪)
3.小山 貴さん(日本障害フォーラム いわて支援センター/岩手県陸前高田市気仙町)
・助言者 吉田 樹さん(福島大学 経済経営学類 准教授)
・コーディネーター:八幡 隆司(認定NPO 法人 ゆめかぜ基金 理事)

【行動提起~まとめに代えて】柿久保 浩次さん(関西STS連絡会 事務局)

○資料代(カンパ):500円
◇お申し込み方法:申込用紙にご記入の上、メールかファックスで下記までお送り下さい。メールアドレス k-sts@e-sora.net、ファックス 06-4396-9189

▽チラシ、申込用紙はこちら(PDF)
 

◇主 催:認定NPO法人 ゆめ風基金/関西STS連絡会
◇問合せ:認定NPO 法人 ゆめ風基金 
電話 06-6324-7702、ファックス 06-6321-5662、メール yumekaze@nifty.com
関西STS連絡会 電話、ファックス 06-4396-9189、メール k-sts@e-sora.net

|

« 電話のバリアフリー化を促進する公的電話リレーサービスの義務化へのオンライン署名のお願い | トップページ | 3月29日(土)無年金障害者「ねんきん110番」のご案内 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159489/59275206

この記事へのトラックバック一覧です: 3月30日(日)《2014被災地の移動送迎支援活動セミナー》大災害時における障がい者・移動制約者の実態と取り組みの課題 必要な移動送迎支援活動:

« 電話のバリアフリー化を促進する公的電話リレーサービスの義務化へのオンライン署名のお願い | トップページ | 3月29日(土)無年金障害者「ねんきん110番」のご案内 »