« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月25日 (火)

【重要なお知らせ】3月以降、DPI日本会議に寄付をお考えの皆さまへ

現在DPI日本会議は、国税庁から認定を受けた「認定NPO法人」として、寄付者の方へは税制上の優遇措置が適用されています。この認定の期限が平成26年2月末までとなっております。

平成23年度の特定非営利活動促進法(NPO法)の改正に伴い、DPI日本会議事務局では、昨年から新認定NPO法人制度下での再認定手続きを行ってきましたが、現在も審査継続中であり、認定期限までに、新認定への移行が叶いませんでした。

このため、3月1日から認定が決まるまで最低1ヶ月間の『認定空白期間』が生じます。

【3月1日~認定が決まるまで】
NPO法人※寄付は控除の対象となりません。

【認定が決まった場合~5年間】
(新)認定NPO法人※寄付は控除の対象となります。賛助会費は寄付金扱いにはなりません。

3月1日以降、認定の決定がされるまでは『認定空白期間』となり、ご寄付は寄付金控除の対象外となります。この点、ご留意いただければ幸いです。

DPI日本会議事務局としては、寄付者・支援者の皆さまにご迷惑をかけることがないよう、空白期間が生じないようにと申請準備と手続きを行ってきましたが、審査の過程で、かなりの時間がかかってしまいました。このような事態となってしまい、大変申し訳ありません。

新制度下での認定資格を無事取得することが出来ましたら、また改めてお知らせします。

なお、ご支援をお願いしておりました『東北関東大震災障害者救援本部』と『フィリピン台風30号被災障害者支援』へのご寄付は、支援活動を協力して展開しております認定NPO法人ゆめ風基金へご寄付いただければ、寄付金控除を受けることができます。

▽ゆめ風基金 ホームページ

今後も皆さまからの変わらぬご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

DPI日本会議事務局

| | トラックバック (0)

2014年2月24日 (月)

フィリピン被災障害者支援について現地調査を行いました

DPI日本会議は、2013年11月8日にフィリピンを直撃した大型台風による被災障害者に対する支援金を受付け、同時にマニラの自立生活センター「ライフヘブン協会」と連携し、被災地の障害者に関する情報を収集してきました。

支援先となる現地活動拠点と福祉機器の提供対象の特定のため、ゆめ風基金と協力して2014年2月2日から8日にかけてレイテ島北東部に位置する港湾都市であり、被害が甚大であるタクロバン市現地調査を行い、現地活動拠点、福祉機器提供先を特定しました。

調査の詳細は報告書をご覧ください。
PDF版テキスト版

現地での調査をふまえた結論として、DPI日本会議はみなさまから頂いた支援金により、TAPDICO(タクロバン障害者組合)をを通して同市内における障害者に対し、まず福祉機器(車イス15台、松葉杖8組)を提供いたします。

提供した際にはあらためてブログにて報告いたします。今回の支援はインタビューを行うことができた一部の障害者となります。被災地における障害者・障害児は何ら福祉サービスを受けることなく大変厳しい状況にあります。DPI日本会議では引き続き支援金を募り、フィリピン被災障害者の支援を継続していきます。

温かいご支援を、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

<銀行振込>
1.三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通 1192475 特定非営利活動法人ディーピーアイ日本会議フィリピン台風口 理事山田昭義
※送金後、寄付金申込書をお送りください。
2.郵便振込 郵便振替 00110-2-47127 加入者 DPI日本会議 
※通信欄に「フィリピン台風30号」とご明記ください。
領収証が必要な方はその旨お書きください。

Cil
写真1 マニラCILのアブナー氏

Photo
写真2 街の様子

Photo_2
写真3 現地団体との打合せ

Photo_3
写真4 市庁舎を訪問しました

Photo_4
写真5 多くの障害児が何の支援も受けられていません

Photo_5
写真6 避難所で生活する視覚障害の夫婦

| | トラックバック (0)

3月8日(土)JDF地域フォーラムin北海道「国連障害者権利条約批准記念フォーラム」~障害者権利条約を道民の生活に生かすために~

念願だった国連障害者権利条約が我が国においてもようやく批准される事となりました。そこで、今回は日本障害フォーラム(JDF)と地元北海道実行委員会の共催で、これまで条約の批准について努力をいただいていた議員の方と、障害者当事者として声を上げていたDPI日本会議の方々をお招きしてのフォーラム開催とします。

条約は批准しましたが、これからが正念場です。条約が書かれている項目をどのように国内で実行していくか。
それは私たち一人ひとりにかかっています。是非ともご参加ください。そして、声をとどけましょう。

○日時:2014年3月8日(土)13時~16時
○場所:ちえりあ(札幌市生涯学習センター)講堂(〒063-0051 札幌市西区宮の沢1条1丁目1-10)
○参加費:無料
○プログラム:
・特別報告 清水誠一(衆議院議員)、横路孝弘(衆議院議員)、尾上浩二(DPI日本会議事務局長)
・パネルディスカッション「障害者権利条約がもたらすこと」

◇お申し込み:DPI北海道ブロック会議までご連絡ください。
◇主催:日本障害フォーラム(JDF)、JDF地域フォーラムin北海道実行委員会
◇お問合せ、お申込先:DPI北海道ブロック会議(〒062-0008 札幌市豊平区美園8条1丁目3-23 コーポリボンハウス) 電話 011-842-9337、ファックス 011-842-9330、メール info.hokkaido@dpi-japan.org

| | トラックバック (0)

3月10日(月)障害者権利条約批准 記念特別フォーラム

障害者権利条約が本年1月20日に批准されたことを記念し、今後の取り組みについて共に話し合います。
第3部では、条約の趣旨を踏まえ、東日本大震災から3年目の課題についても話し合います。

○日時:2014年3月10日(月)13時~17時30分
○場所:衆議院第一議員会館1階多目的ホール(〒100-0014 東京都千代田区永田町2-2-1)
○プログラム:
【第1部】国連障害者の権利条約推進議員連盟総会(記念セレモニー)
【第2部】パネルディスカッション「批准への期待と課題」
・パネリスト:森祐司(JDF政策委員長/日本身体障害者団体連合会常務理事)、久松三二(JDF幹事会副議長/全日本ろうあ連盟常任理事・事務局長)ほか 関係団体、マスコミなど
・コーディネータ:尾上浩二(JDF条約小委員長/DPI日本会議事務局長)
【第3部】「東日本大震災から3年 いま求められるインクルーシブな復興」(JDF東日本大震災被災障害者総合支援本部 第四次報告会)
・ドキュメンタリー映画「生命のことづけ ~死亡率2倍 障害のある人の3.11~」紹介
・リレートーク(一部依頼中)被災地自治体、関係団体より
・コーディネーター 藤井克徳(JDF幹事会議長)

◇お申込み
申込用紙に必要事項をご記入のうえ、FAX、メール等にて、下記連絡先まで、3月6日(木)までにお申し込み下さい。※当日は、事前申し込みのあった方の入場を優先させていただきます。

▽チラシ、申込用紙はこちら
(ワード),(PDF)


◇主催:国連障害者の権利条約推進議員連盟、日本障害フォーラム(JDF)
◇お問合せ先、事務局:日本障害フォーラム(JDF)(〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1) 電話 03-5292-7628 FAX 03-5292-7630、メール jdf_info@dinf.ne.jp

▽プログラムの最新情報はこちら(JDFホームページ)

| | トラックバック (0)

3月23日(日)共生社会地域フォーラム~障害を理由とする差別の解消に向けて~in大阪

このフォーラムでは、平成25年6月の障害者差別解消法の成立を踏まえ、地方公共団体との連携の下、「共生社会地域フォーラム」を開催し、基調講演、シンポジウム等を通じて法律の理念を周知するとともに、地域の障害のある人や関係者の意見を広く聴取することにより、障害者差別解消法の円滑な施行に資するとともに、各地域における取組の促進と気運の醸成を図ります。

○日時:2014年3月23日(日)13時~16時
○会場:ドーンセンター(〒540-0008 大阪市中央区大手前1丁目3番49号)
○参加費:無料
○内容:
・基調講演 伊奈川 秀和(中国四国厚生局長)
・パネルディスカッション 金 政玉(内閣府 障害者制度改革担当室 上席政策企画調査官)、関川 芳孝(大阪府立大学人間関係学部教授)、嵐谷 安雄(ODF代表、日身連会長)、伊奈川 秀和(中国四国厚生局長)

◇お申込方法
・申込み用紙に必要事項をご記入のうえ、3月19日(水)までにお送り下さい。
またメールでのお申込みの場合は申込用紙の項目をメールの本文に記入の上、運営事務局(s-forum@c-linkage.co.jp)あてにお送り下さい。

▽チラシ・申込書はこちら
 
またWeb上からもお申込みいただけます。
▽共生社会フォーラムWeb申し込みフォーム
 

※今号は大阪で行われるフォーラムのご案内ですが、全国各地で行われますので、お近くの方は是非ご参加ください。上記チラシ・申込書、Webからもお申込み頂けます。(今後の予定:3/15(土)新潟、3/21(金・祝)静岡、3/23(日)大阪)

◇主催:内閣府
◇事務局、お問合せ先:「共生社会地域フォーラム」運営事務局(住所 東京都千代田区三番町2 三番町KSビル(株)コンベンションリンケージ内) 電話 03-3263-8695、ファックス 03-3263-8693、メール s-forum@c-linkage.co.jp

▽共生社会地域フォーラムの詳細について(内閣府HP)

| | トラックバック (0)

3月29日(土)国連障害者権利条約批准記念フォーラムinとやま~障害者権利条約を県民の暮らしの中に~

この条約の批准に向け国内検証及び法整備が図られました。障害当事者が過半数参加する障害者制度改革推進会議が開催され、障害者基本法の改正、障害者総合支援法、障害者差別解消法が成立し不十分ながらも国内法が整備され、2013年12月4日に国会で批准が承認されました。
そして、2014年1月20日に国連に批准書を寄託しました。その結果30日後の2月19日に発効する事になりました。

○日時:2014年3月29日(土)13時半~16時半(受付開始12時30分)
○場所:富山県総合福祉会館サンシップとやま1階 福祉ホール(〒930-0094 富山県富山市安住町5-21)
○内容
■記念講演「障害者権利条約を批准して~これからのとりくみ~」講師 藤井 克徳(JDF幹事会議長・障害者政策委員会委員長代理) 
■シンポジューム「条約批准でどう変える ─ 私たちの暮らし(仮)」
・シンポジスト 水内 豊和(富山大学人間発達科学部准教授),末村 裕美(とやま発達障がい親の会会長),永井 出(くろべ工房施設長),畑 徳久(富山県身体障害者福祉協会副会長)
・コーディネーター 藤井 克徳

◇お申込方法
申込み用紙に必要事項をご記入のうえ、FAX、メール等にて、下記連絡先まで3月21日(金)までにお申し込み下さい。

▽チラシ、申込用紙はこちら
(PDF),(ワード)
 
 
◇主催:日本障害フォーラム(JDF)、富山障害フォーラム(TDF)
◇共催(予定):富山県、富山県社会福祉協議会
◇連絡先:富山県身体障害者福祉協会 電話 076-432-6331、ファックス 076-433-4610、メール fjp25520@nifty.com

▽富山県身体障害者福祉協会HP

| | トラックバック (0)

2014年2月18日 (火)

ご賛同のお願い「三澤了さんの遺志を継ぐ会」

既にご承知のことと存じますが、去る2013年9月30日に三澤了(前DPI日本会議議長)が逝去いたしました。

ご遺族のご意向で、葬儀は近親者のみで行われましたこともあり、この度改めて「三澤了さんの遺志を継ぐ会」を4月21日(月)、22日(火)、2日間に渡り開催する運びとなりました。


■三澤了さんの遺志を継ぐ会

○日時、場所:
4月21日(月)午後:フォーラム(会場:衆議院第一議員会館)、夕方:偲ぶ会(会場:全社協・灘尾ホール)

4月22日(火)昼:条約批准パレード(弁護士会館~銀座)
※詳細については、改めてお知らせいたします。


2日間に渡り行うのは、三澤了の遺志を私たちが引き継ぎこれからの運動に繋がる会にしたいという思いがあるからです。

権利条約を批准し新しい時代を創っていくこの時期に、次世代への運動の引き継ぎに心を砕いていらっしゃいました故人の遺志を振り返り、学び、実際に行動に取り組む、という会にしたいと考えております。

ぜひ、この「三澤了さんの遺志を継ぐ会」の賛同人・団体になっていただきご支援・ご協力いただきますよう心よりお願い申し上げます。賛同人・団体の皆様にお願いしたい事は具体的に下記の3つです。

■賛同人・団体の皆様にお願いしたい3つのこと
1.賛同会費のご協力をお願いします。1口:10,000円(個人賛同人の方は、偲ぶ会の参加費は免除とさせていただきます)
2.お名前を当日の資料に掲載させていただきます。
3.当日はぜひご出席ください。

○お申込方法○
以下から申込書をダウンロードし、Eメール、ファックス、郵送にてお送り下さい。またメールでお申込の方はメール用の申込みフォームをご活用ください。
 
▽チラシ、申込書はこちら
(ワード版),(PDF版)

【お申込先】
メール misawa.tsugu@gmail.com ファックス 03-5282-0017

○お振込口座○
・郵便振替 00120-4-790562 
三澤了さんの遺志を継ぐ会(ミサワサトルサンノイシヲツグカイ)

・銀行振込 ゆうちょ銀行〇一九(ゼロイチキュウ)店 
当座預金 0790562 口座名義 ミサワサトルサンノイシオツグカイ
※送金の際の名義は、賛同お申し込み者名でお願いします。お名前確認のため、ご賛同いただける方は必ず申込書をお送りくださいますよう、お願い申し上げます。

◇主催:「三澤了さんの遺志を継ぐ会」実行委員会
共同代表 今西正義(DPI日本会議アドバイザー)、中西正司(DPIアジア太平洋ブロック議長)、山田昭義(DPI日本会議議長)

◇お問合せ先
「三澤了さんの遺志を継ぐ会」実行委員会
(〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-11-8武蔵野ビル5階  DPI日本会議内)
電話 03-5282-3730 ファックス 03-5282-0017 メール misawa.tsugu@gmail.com

| | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »