« 2月1日(土)ひろしま菓子博から障害者差別事例を考えよう。知らないことは恥ずかしいことではない。お互いがわかりあえる社会を作ろう- | トップページ | ご賛同のお願い「三澤了さんの遺志を継ぐ会」 »

2014年1月30日 (木)

2月1日(土)精神障害がある時も、あたりまえに社会で暮らしたい、医療保護入院の改悪を絶対許してはならない-公的アドボカシーの導入をめざして-第2回ミーティング

自立生活運動で大切にされている「自分のことは自分で決める権利」「自分の生活は自分で設計する権利」「失敗する権利」などは、精神障害がある人々には許されないのか。
地域社会で生きることを当然とした社会制度、社会変革を多くの人々と連なって実現していきたい。

○日時:2014年2月1日(土)13時30分~16時45
○場所:エル・おおさか(大阪府立労働センター)(〒540-0031 大阪市中央区北浜東3-14)
○内容:
・基調講演「精神保健福祉法体制はどこへ行くのか」
岡崎 伸郎さん(国立病院機構仙台医療センター精神科部長、精神保健従事者団体懇談会[精従懇]代表幹事)
・シンポジウム「精神障害がある時も、あたりまえに社会で暮したい」
山本 深雪さん(大阪精神障害者連絡会[ぼちぼちクラブ] 代表)、下村 幸男さん(大阪精神障害者連絡会[ぼちぼちクラブ] 事務局員)、山田 嘉則さん(阪南中央病院 医師)、松田 博幸さん(大阪府立大学 教員) コーディネーター 藤原 勝也さん(メインストリーム協会)
・体験発表・意見交換
 
○申込み・問合わせ
1.こらーるたいとう 電話 03-5819-3651、ファックス 03-5819-3652、メール koraru@mub.biglobe.ne.jp
2.大阪府立大学人間社会学部 松田研究室 電話 072-254-9781、メール matsuda@sw.osakafu‐u.ac.jp

▽大会趣旨はこちら(ワード)
 
▽チラシはこちら(ワード)

|

« 2月1日(土)ひろしま菓子博から障害者差別事例を考えよう。知らないことは恥ずかしいことではない。お互いがわかりあえる社会を作ろう- | トップページ | ご賛同のお願い「三澤了さんの遺志を継ぐ会」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159489/58961319

この記事へのトラックバック一覧です: 2月1日(土)精神障害がある時も、あたりまえに社会で暮らしたい、医療保護入院の改悪を絶対許してはならない-公的アドボカシーの導入をめざして-第2回ミーティング:

« 2月1日(土)ひろしま菓子博から障害者差別事例を考えよう。知らないことは恥ずかしいことではない。お互いがわかりあえる社会を作ろう- | トップページ | ご賛同のお願い「三澤了さんの遺志を継ぐ会」 »