« 3月2日(日)「障害者運動のバトンを次世代へどうつなぐか?─障害者と社会のこれからを考える─」 | トップページ | 2月1日(土)精神障害がある時も、あたりまえに社会で暮らしたい、医療保護入院の改悪を絶対許してはならない-公的アドボカシーの導入をめざして-第2回ミーティング »

2014年1月30日 (木)

2月1日(土)ひろしま菓子博から障害者差別事例を考えよう。知らないことは恥ずかしいことではない。お互いがわかりあえる社会を作ろう-

「ひろしま菓子博2013」が、4月19日(金)から5月12日(日)まで開催されました。そこでは、電動車いす並びにベビーカーでの入場が拒否されました。その合理的理由は見出せず、全国の多くの障害関係者が主催者に対し、抗議、要請したにも関わらず、根本的な解決には至らず、主催団体は解散してしまいました。

一方、6月には障害者差別解消法が可決成立し、3年後には施行されます。「障害者差別を許さない」という主張を堂々と訴える時代がやって来ようとしています。このような中、現地広島において、今回の出来事を改めて振り返り、今後の差別のない社会づくりに向け、意識を共有していきたいと思っています。どうぞ、みなさん、お気軽にご参加ください。

○日時:2014年2月1日(土)15時~17時(開場、受付開始14時30分)
○場所:広島市中区地域福祉センター ボランティア研修室(〒730-0051 広島市中区大手町4-1-1)

○プログラム:
・報告「ひろしま菓子博2013における電動車いす利用者への差別的取扱いの振り返り」
・シンポジウム「ひろしま菓子博2013から学んだこと~障害者差別解消法施行に向けて~
○参加費:無料※手話通訳を希望される方は、furusho_net@hotmail.comまでお申し込みください
◇主催 障害者の自立と政治参加をすすめるネットワーク

◇お問い合わせ:事務局長:
斎藤まこと(名古屋市議会議員、電話 090-8735-0051、メール fwgh1556@infoweb.ne.jp)、事務局員:古庄和秀(大牟田市議会議員、電話 090-2517-4005、メール furusho_net@hotmail.com)

▽チラシ・申込書はこちら(PDF)

|

« 3月2日(日)「障害者運動のバトンを次世代へどうつなぐか?─障害者と社会のこれからを考える─」 | トップページ | 2月1日(土)精神障害がある時も、あたりまえに社会で暮らしたい、医療保護入院の改悪を絶対許してはならない-公的アドボカシーの導入をめざして-第2回ミーティング »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159489/59038577

この記事へのトラックバック一覧です: 2月1日(土)ひろしま菓子博から障害者差別事例を考えよう。知らないことは恥ずかしいことではない。お互いがわかりあえる社会を作ろう-:

« 3月2日(日)「障害者運動のバトンを次世代へどうつなぐか?─障害者と社会のこれからを考える─」 | トップページ | 2月1日(土)精神障害がある時も、あたりまえに社会で暮らしたい、医療保護入院の改悪を絶対許してはならない-公的アドボカシーの導入をめざして-第2回ミーティング »