« 「病棟転換型居住系施設について考える会」記者会見報告~急浮上する精神科病院の「病棟転換型居住系施設」問題~ | トップページ | 2月11日出生前診断ワークショップ »

2013年12月27日 (金)

千葉県入所施設「袖ヶ浦福祉センター養育園」入所者虐待・死亡事件に対する声明

平成25年12月20日
特定非営利活動法人 DPI(障害者インターナショナル)日本会議 
議長 山田 昭義

2013年12月13日の新聞報道によって、千葉県袖ケ浦市の県立障害者支援施設「袖ヶ浦福祉センター養育園」で、利用者に対する職員からの暴行により、入所者の19歳の少年が死亡し、また、同園の男性職員5人が、少年を含む入所者計10人を繰り返し虐待していた疑いが発覚した。

言語道断の決して許すことのできない事件であり、まず、虐待の被害者の方々ならびにご家族に心から哀悼の意を表すとともに、設置者たる千葉県をはじめ、千葉県社会福祉事業団、袖ヶ浦福祉センターに大きな怒りを持って抗議する。これら関係者の責任は極めて重大であり、原因と責任の所在を明確にするとともに、早急に被害者の方々、同施設に入所されている方々、ご家族の心的なケアを行うべきである。加害者が相応の刑事上・民事上の責任を負わなければならないのは言うまでもない。

障害者虐待防止法が昨年10月より施行され、様々な取り組みが全国で進む中、防止義務の責任主体の一つである自治体である千葉県の責任は重大である。さらに、今年12月4日には、障害者権利条約批准案が国会で承認された。同第16条は「搾取、暴力及び虐待からの自由」を規定し、虐待の防止と虐待を受けた被害者の身体的及び心理的な回復及びリハビリテーション等の措置が締約国の義務とされている。
さらに同第19条では障害のない人と平等にどこで誰と住むか選択でき、特定の生活様式(particular living arrangement)での生活が義務付けられず、地域生活を支えるための支援を締約国に課す地域における自立した生活の権利条項も規定された。
これは「脱施設条項」ともよばれている。
そして、間もなく締約国となる日本にこれらを遵守する義務が生じる。

DPI(障害者インターナショナル)日本会議は、どんなに重い障害を持つ人でも障害のない人と共に平等に地域で自立した生活をすることができる社会づくりのために、障害種別を超えた団体として活動してきた。私たちは入所施設での虐待はなくならないと考える。
千葉県に対して、養育園を閉鎖し、入所されている方々を地域に戻し、地域で安心して生活することができる条件整備を行う検討を求めたい。

▽DPI声明全文(ワード)

|

« 「病棟転換型居住系施設について考える会」記者会見報告~急浮上する精神科病院の「病棟転換型居住系施設」問題~ | トップページ | 2月11日出生前診断ワークショップ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159489/58828647

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉県入所施設「袖ヶ浦福祉センター養育園」入所者虐待・死亡事件に対する声明:

« 「病棟転換型居住系施設について考える会」記者会見報告~急浮上する精神科病院の「病棟転換型居住系施設」問題~ | トップページ | 2月11日出生前診断ワークショップ »