« 12月15日(日)被害と加害の関係性 ~生きる苦悩と居場所づくり~ | トップページ | フィリピン被災障害者支援に対する現状報告 »

2013年12月18日 (水)

~復旧でなく、復興へ、そして新生へ~ご支援ありがとうございます。東北関東大震災障害者救援本部は、支援活動を継続しています

東日本大震災の発生、そして東北関東大震災障害者救援本部として活動を開始してから、2年半が経過しました。被災沿岸部の自治体では具体的な復興計画が定まらず、復興住宅の建設および仮設住宅解消の見通しが立たない地域が数多くあります。

活動2年目、救援本部で設置した各地のセンターでは、地域の新たな社会資源となるべく、事業化の方向性を探りました。一方、復興が進むにつれてニーズが減るだろうと予測していた個別支援は、移送サービスを中心により深刻化した状態で、緊急支援から日常支援へと移り変わってきました。

2013 年12 月4 日、障害者の権利条約批准が参議院本会議で承認され、発効から5 年余りでようやく日本の批准が実現となったこの日、震災からちょうど1,000 日を迎えました。今の被災地では、震災前と変わらない風景が見られる場所や暮らしを再建しつつある人々の「日常」と、復興へ踏み出せない場所や現在もなお支援を必要としている人々の「非日常」が混在しています。支援の手が薄れること、退くことは、この差が広がることと同じです。現在もなお支援を必要とする被災者の生活が、時間の経過によって改善されることありません。問題が解決されないまま、支援活動を終了させることは出来ません。

これまでも多くのNPO が震災支援に関わり、そして撤退していきましたが、我々障害者救援本部は、今後も息長く活動を継続してまいります。どうぞご協力・ご支援のほど、よろしくお願い致します。

|

« 12月15日(日)被害と加害の関係性 ~生きる苦悩と居場所づくり~ | トップページ | フィリピン被災障害者支援に対する現状報告 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159489/58776915

この記事へのトラックバック一覧です: ~復旧でなく、復興へ、そして新生へ~ご支援ありがとうございます。東北関東大震災障害者救援本部は、支援活動を継続しています:

« 12月15日(日)被害と加害の関係性 ~生きる苦悩と居場所づくり~ | トップページ | フィリピン被災障害者支援に対する現状報告 »