« 第7回 精神保健フォーラム(第1報)変われるのか?病院、地域~精神保健福祉法改正を受けて~ | トップページ | 第2回DPI障害者政策討論集会(お弁当受付終了) »

2013年11月 7日 (木)

大阪府福祉基金助成講座・人権センター設立28周年記念講演会「精神障害者の権利擁護~『代弁者制度』構想を考える~」

当事者・家族・精神保健福祉従事者・弁護士……入院治療を受けるひとりひとり、必要な「代弁者」は違います。「拘束を外してほしい」「外出、散歩がしたい」「退院したい」「この手続きをしたい」「家族への伝え方について相談にのってほしい」。一定の研修を受けたアドボケーター(第三者)を選べるよう、保障することが必要です。

今回の精神保健福祉法改正では附帯決議には入れられた「代弁者制度」。多くの人が「代弁者制度」に関心を持ち続け、必要だと言い続けることが実現につながる一歩です。
そして法改正を見据え、具体性のある実現可能なものを提案していく必要があります。

○日時:11月9日(土)13時30分~16時45分
○場所:エルおおさか 6階大会議室(〒540-0031 大阪市中央区北浜東3-14)
○資料代:500円
○申込み:不要(当日会場にお越しください)

○プログラム:
第一部 講師 高木俊介さん(元新たな地域精神保健医療の構築に向けた検討チーム委員)

第二部 大阪における実際の取り組みについて
・地域での取り組み 田中清さん(あけぼの福祉会・全国精神障害者地域生活支援協議会あみ理事)
・大阪弁護士会ひまわりの取り組み 位田浩 (弁護士・大阪精神医療人権センター代表理事)
・大阪精神医療人権センターの取り組み 山本深雪

◇主催:主催・お問い合わせ
NPO大阪精神医療人権センター
大阪市北区西天満5-9-5 谷山ビル9階
電話 06-6313-0056 ファックス 06-6313-0058

▽詳細はこちら(大阪精神医療人権センターブログ)
 

|

« 第7回 精神保健フォーラム(第1報)変われるのか?病院、地域~精神保健福祉法改正を受けて~ | トップページ | 第2回DPI障害者政策討論集会(お弁当受付終了) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159489/58531268

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪府福祉基金助成講座・人権センター設立28周年記念講演会「精神障害者の権利擁護~『代弁者制度』構想を考える~」:

« 第7回 精神保健フォーラム(第1報)変われるのか?病院、地域~精神保健福祉法改正を受けて~ | トップページ | 第2回DPI障害者政策討論集会(お弁当受付終了) »