« 自立生活支援セミナー「私たちの社会、変わるの?」~障害者差別禁止法を通して見すえる、これからの共生社会~ | トップページ | 支援の傍聴をお願いします!3/27(水)第2回口頭弁論 職場における合理的配慮要求訴訟 »

2013年2月27日 (水)

第27回 「国際障害者年」連続シンポジウム 障害で私を隠さないで─私は人間、私は女─障害者差別禁止法・条例と障害女性

■日 時:3月16日(土)10:30(10:00開場)~16:30
■場 所:京都テルサ東館3階B・C会議室(会場ホームページ http://www.kyoto-terrsa.or.jp/ )(京都市営地下鉄九条駅より徒歩5分)(多機能トイレあり)
■参加費:500円
■情報保障:要約筆記あり、手話通訳又は点訳が必要な方は3月6日(水)までにお申込ください

■基調講演
・加納恵子さん(関西大学教員、内閣府障害者差別禁止部会委員)
■パネリスト
・米津知子さん(「SOSHIRENわたしのからだから」メンバー)
・藤原久美子さん(自立生活センターBeすけっと事務局長)
・香田晴子さん(日本自立生活センター事務局長) その他、京都府条例づくり担当者などゲスト多数

■趣旨文
○いま、障害者差別禁止法(仮)が制定されようとしています。それはどんな内容で、自分とどんな関係があるのでしょう。本シンポでは、「障害に基づく差別」や「合理的配慮」についてわかりやすく学ぶとともに、「障害」と「性別」の両面からより深刻な複合差別を受けている「障害女性」の声や視点を大切にしながら、差別禁止法・条例について理解を深めていきたいと思います。
○国だけでなく、各地の自治体でも差別禁止の条例づくりが活発化しており、ここ京都府でも、障害女性を含む当事者の活発な参加によって、より進歩的な条例制定に向けて検討が行われています。その動きも紹介します。
○障害のある女性は、障害者として女性として、深刻で複雑な差別を受けてきたことがようやく認められはじめ、障害者権利条約をはじめ、法律や京都府条例でも「障害女性」への総合的な権利擁護が盛り込まれようとしています。この動きを支えているのは、何よりも障害女性自身の声と行動です。この問題に長年取り組んできた障害女性当事者を講師・パネラーにお迎えし、みんなで複合差別について理解を深めたいと思います。

■主 催:「国際障害者年」連続シンポジウム運営・実行委員会
■後 援:京都府・京都市・京都府社会福祉協議会・京都市社会福祉協議会(公財)京都新聞社会福祉事業団ほか(申請中含む)
■協 力:日本自立生活センター、ワークス共同作業所、自立支援事業所、車いすと仲間の会 ほか
■連絡先:京都市南区東九条松田町28メゾングラース京都十条101 日本自立生活センター(JCIL) TEL:075-671-8484 FAX:075-671-8418 mail: jcil@cream.plala.or.jp

▽チラシのダウンロードはこちら
ワード版
http://dpi.cocolog-nifty.com/website/work/t.20130316.doc

PDF版
http://www.jcil.jp/20130316.pdf

|

« 自立生活支援セミナー「私たちの社会、変わるの?」~障害者差別禁止法を通して見すえる、これからの共生社会~ | トップページ | 支援の傍聴をお願いします!3/27(水)第2回口頭弁論 職場における合理的配慮要求訴訟 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159489/56851964

この記事へのトラックバック一覧です: 第27回 「国際障害者年」連続シンポジウム 障害で私を隠さないで─私は人間、私は女─障害者差別禁止法・条例と障害女性 :

« 自立生活支援セミナー「私たちの社会、変わるの?」~障害者差別禁止法を通して見すえる、これからの共生社会~ | トップページ | 支援の傍聴をお願いします!3/27(水)第2回口頭弁論 職場における合理的配慮要求訴訟 »