« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月28日 (月)

産婦指針案パブリックコメントへの意見書

昨年12月15日に日本産科婦人科学会の検討委員会が「母体血を用いた新しい出生前遺伝学的検査」指針(案)を作成、公表し、この案に対するパブリックコメントを募集しました。

DPI日本会議としては、この『新型出生前診断』の実施は、優生思想を強め、障害者・児に対して偏見・差別を強めかねないと危惧し、1月21日に意見書を提出しました。

過去の優生思想から起きた差別・偏見の歴史を繰り返してはいけません。今後もDPI日本会議は出生前診断に反対していくとともに、差別・偏見の無い社会を実現するため、われら自身の声をあげていきます。

以下提出した意見書。


私たちDPI(障害者インターナショナル)日本会議は国連が認めた国際組織の一員として、1986年に発足をしました。

現在、身体障害、知的障害、精神障害、難病等、障害種別を超えた、全国88団体が加盟した、特定非営利活動法人として活動を続けてきています。結成以来、四半世紀以上に渡って、障害者の自立と社会参加、権利保障を確立するための活動を進めてきています。

近年は2006年に国連で採択された障害者権利条約の批准に向けて、内閣府に設置された障がい者制度改革推進会議やそれを継承した障害者政策委員会などを通じて、さらにその取組みを強化してきました。とりわけ、全ての障害者の地域での自立した生活の権利の実現を目指して活動を進めています。

障害があっても他の人々と同等の、当たり前の暮らしが出来ること、どんなに重い障害があっても、選別されることなくその生命が尊重され、必要な医療や介護を受けながら、その人らしい尊厳ある生を保障される社会こそが、真に求められる社会です。しかしながら、これまでの歴史上、障害者は、地域社会から排除・分離され、生存そのものを脅かされ、厳しい差別と偏見、排除の中で過酷な生活を強いられてきました。特に、かつて「不幸な子どもの生まれない県民運動」や「優生保護法改悪」など「障害の予防」を掲げた動きの中で、
「障害児が生まれてくること自体が不幸」であるかのような、偏見・差別意識が強められてきた事実は、決して忘れられてはなりません。
残念ながら、21世紀の今日においてさえ、障害者の人権が確立したとは到底言える状況ではありません。また、これらの歴史に対する検証・総括も十分なされているとは言えません。

そうした中、今回、貴学会が、特定の染色体異常を診断の対象とする出生前遺伝学的検査に関して、指針を作成し、実施を進めようとしていることは、再び、障害児・者に対する偏見・差別を強めかねないものとして、強く反対します。

周知の通り、2006年に国連で採択された障害者権利条約では、障害を社会との関係でとらえる「社会モデル」を採用し、第3条一般原則では「差異の尊重、並びに人間の多様性の一環及び人類の一員としての障害のある人の受容」(川島聡=長瀬修仮訳、2008年5月30日付)が規定されています。そして、この障害者権利条約の批准に向けた障害者制度改革が現在進められているところですが、その中でも、「障害の予防」「出生前診断」等と優生思想の関係が大きな問題として取り上げられてきました。

2011年に改正された障害者基本法では、それまでの「第三章 障害の予防に関する基本的施策」が「第三章障害の原因となる傷病の予防に関する基本的施策」に改められました。すなわち、障害者の出生や存在そのものに対して否定的なイメージを与える「障害の予防」が削除され、「障害の原因となる傷病の予防」に書き換えられたのです。

また、内閣府に置かれている障害者政策委員会は、昨年12月に、「○新障害者基本計画に対する意見」をとりまとめました。その意見では、「尊厳死や出生前診断の議論では重度障害者が切り捨てられないよう配慮するべきである」「○障害の原因の除去や早期発見・早期治療は大切だが、それだけを強調すると優生思想につながる懸念がある」との指摘がなされた上で<新基本計画に盛り込むべき事項>として、【◎出生前診断等が障害者の生存に対する否定的な見方や施策につながらないようにすること。】との提言が盛り込まれました。この意見書に基づいて策定される新障害者基本計画は、2013年度から始まります。

以上のように、これまでの優生思想とそれに基づく歴史に対する反省、並びに、国連・障害者権利条約(社会モデルや差異の尊重と障害者の受け入れ)、障害者制度改革の動きなどの点から、出生前診断に反対するとともに、貴学会に対して、これらの動向を最大限尊重した取り組みを求めるものです。

▼意見書(PDF版)はこちら
http://dpi.cocolog-nifty.com/website/work/20130121dpicomment.pdf

| | トラックバック (0)

2013年1月18日 (金)

たんぽぽのしゃべり場 Part.5~障害のこと、女性であること~

「しゃべり場」では、私たち女性障害者や女性が、普段ひとりで抱えているであろう悩みや不安、孤独を、この機会に思い切って話してみよう!そしてみんなで思いを共有して今後のネットワークを作ろう!というのが目的です。
女性ならではの悩み、女性だからこそ見える視点、女性ゆえの苦しみなど、この機会でぜひ話してみましょう。そして共に生きる仲間としてのネットワークを作りましょう。
障害のある方もない方も、女性のみなさんのご参加をお待ちしています!是非おいでください♪

■日 時:平成25年2月16日 (土) 13:30~16:30  
■会 場:早稲田奉仕園(〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2丁目3-1)セミナーハウス101号室(会場への直接のお問いあわせはご遠慮下さい)
■定 員:15名・女性限定(定員に達した時は、申込みを締め切ります)
※参加をご希望の方は2月14日(木)までにお申し込みください。
※情報保障をご希望の方は申込みの際にご連絡下さい。ご希望に応じて、プログラム等資料の点字、テキストデータ、手話通訳、文字通訳の情報保障をご用意します。なお、文字通訳を実施することが決まりました。
★手話通訳のご希望は、準備の都合で、2月12日(火)までにお申込みと併せてご連絡をお願いします。(これを過ぎた場合もどうぞご相談ください) 
■お問い合わせ・参加申し込み:DPI女性障害者ネットワーク(担当:島野・佐藤 ・鷺原(DPI日本会議事務局)まで)
TEL:(DPI日本会議内) 03-5282-3730 FAX:(DPI日本会議内) 03-5282-0017、Eメールアドレス dpiwomen@gmail.com、ホームページ   http://dpiwomennet.choumusubi.com

【参加した女性たちの声】
○普段の生活ではなかなか聞くことのできない深い話を聞けて、とても勉強になりました!
○解決には至らなくてもまず行動を起こすことが大事ね。
○自分らしさに出会えた気がします。
○安心して話せる空間で、また行きたいです!
○この空間がとても心地よかったです。
○身体のこと、性のこと、家事のこと、いろいろ話せてよかったです。
○自分のことを話せる場所、自分を出せる場所があって、とても嬉しかったです。

多くの女性の皆さんのご参加を、心よりお待ちしております!

| | トラックバック (0)

共に生きる石巻を作り出す連続公開講座 第4回「震災後を生きる」

被災地障がい者センターみやぎでは、「共に生きる石巻を作り出す連続公開講座」を行っています。この講座では、障がい児・者と健常者が共に生きる地域社会を構築していくために行動してこられた方々を全国からお招きし、これから私たちが<誰にとっても住みよい街・石巻>を作っていくための手がかりにしていくことを目指しています。

■日 時:3月10日(日)13:30~16:00
■講演者:牧口 一二さん(大阪府)「認定NPO法人ゆめ風基金」代表理事
■会 場:石巻市保健相談センター(〒986-0826 石巻市鋳銭場1-27)
■参加費:無 料
*駐車場に限りがあります。停められない場合は有料駐車場をご利用ください*
*託児の必要な方は、下記の連絡先まで事前にご連絡ください*

■連絡先 TEL:022-746-8012(仙台)0225-25-5388(石巻) MAIL : teesaanangel@yahoo.co.jp

■主 催:被災地障がい者センターみやぎ 
■後 援:NPO法人障碍児と共に歩む会・石巻重症心身障害児(者)を守る会、NPO法人輝くなかまチャレンジド 地域活動支援センターこころ・さをり、石巻日日新聞・石巻かほく・ラジオ石巻FM76.4

| | トラックバック (0)

映画「むかしMattoの町があった」自主上映会&講演会

イタリア精神保健福祉改革の最初の20年を描いた素敵な映画の日本上映が始まりました。イタリア語で「matto(マット)」とは狂気をもつ人、「Mattoの町」とは精神病院を意味します。精神病院収容をなくし、精神障害者の「人間らしさ」の復権に心血を注いだ、フランコ・バザーリアの活躍を描いた作品です。この3時間の大作は、各国で上映が行われており、テレビ放映では21%以上の視聴率を獲得した国もありました。
日本では、「バザーリア映画を自主上映する180人のMattoの会」が上映をします。大熊一夫氏を招いての講演も開催されます。ぜひ、ご来場ください。

■日 時:2013年2月11日(月・祝)
12:00~受付
13:00~13:45 大熊一夫氏講演「精神保健──イタリアと日本で何が違うのか」
14:00~17:30 「むかしMattoの町があった」自主上演
■場 所:関西福祉科学大学
〒582-0026 大阪府柏原市旭ヶ丘3丁目11-1(近鉄大阪線「川内国分」駅徒歩12分)
■料 金:障害当事者1,000円 一般1,500円  
■申し込み:先着500名 Mail:matto180kansai@gmail.com FAX:072-978-0037(お申し込みの際には、「自主上映会申し込み」と明記の上、 氏名・住所(所属)・連絡先を明記ください)
■問い合わせ先:関西福祉科学大学 社会福祉学部 野村恭代、保健医療学部 巽絵理TEL:072-978-0088 

■主 催:「むかしMattoの町があった」を自主上映する会in関西、バザーリア映画を自主上映する180人のMattoの会
■後 援:イタリア大使館、NPO大阪精神医療人権センター、社団法人大阪府精神障害者家族会連合会、ACT-K、ACT-JOYS、医療法人光樹会たかきクリニック、京都精神福祉士協会、八尾柏原精神障害者福祉を考える市民の会
■協 力:RAIフィクション、Ciao Ragazzi!、フランカ&フランコ・バザーリア記念財団、トリエステ精神保健局

| | トラックバック (0)

2013年1月17日 (木)

電子書籍のご紹介『クリエイティング・チェンジ - 障害の世界からのイノベーション』

世界で活躍する、障害者リーダーの紹介をまとめた「Creating Change: Innovations in the world of disability」の日本語訳が完成しました!

「イノベーションに障害の有無は関係ない」
本書は、障害のある人とない人の間にある「壁」を壊そうとする試みです。障害者は「与えられる人」ではなく、「与える人」でもあり「社会を変える人」でもあります。世界中で障害者が社会を変えようとしています。
本書を通し、16人の障害の世界からのイノベーションをぜひご覧下さい。

▼ダウンロードはこちら
「クリエイティング・チェンジ(日本語版)(PDF版)」(全109ページ)

「クリエイティング・チェンジ(日本語版)(EPUB版)」(全109ページ)
*EPUBだと、アクセシブルな電子書籍としてご利用頂けます。

-監訳者あとがきより

1980年代から入り込んだ障害者の世界では、知り合った障害を持つアジアのアショカ・フェローは名刺に明記するほどその名を大切にしていた。アショカとは何なのかわからずとも、障害者の功績を認めてくれているいい団体だとの認識はあった。そのため、たまたま知った本書の出版をぜひとも紹介したいとウェブに載せたことが発端となり、翻訳の運びとなった。
監修という仕事を通しAshokaはより身近なものとなり、また本書に何人かの友人も取り上げられているのを発見し親近感はさらに増した。彼らには今年セミナーや国際会議で顔を合わすチャンスがあり、日本語版の出版を伝えたところ、日本語で自分たちの活動が知られることをとても喜んでくれている。
中西由起子(DPI日本会議/アジア・ディスアビリティ・インスティテート)

-編訳者あとがきより

「力強い障害者リーダーがアジア途上国にも数多く存在する」というメッセージをいつか伝えたいと思っていたところ、アショカから出版された本書に遭遇しました。本書には、障害を持つ変革者が8人と、障害者のために社会を変えようとする変革者が8人紹介されています。どの変革者も、障害者は多くの可能性を秘めながらも、社会から十分な機会が与えられていないためにチャンスを逃している、というメッセージを伝えようとしているのだと思います。彼らが変えようとしているものは社会そのものであり、現代社会が持つ「障害者の負のイメージ」なんだと思います。さてこのような変革者は、日本にもまたアジア途上国にも数多く存在していると私は思っています。今後はそんな途上国の変革者を紹介していきたいと思います。
千葉寿夫

原著「Creating Change: Innovations in the world of disability」(2010年12月1日アショカ発行)はこちら

☆アショカとは? 
アショカ(公益のためのイノベーター)は、仕組みの変革を謀る解決法をもって、世界でもっとも差し迫った社会問題に取り組む人々のグローバルな連合です。1980年の創設以来、アショカから継続的な支援を受けてきたソーシャル・アントレプレナーは、70カ国以上に住む2000人を超えています。「アショカ・フェロー」と名づけたこれらの人たちに、スタートアップの給付金や専門的支援を与えるだけではなく、彼らをトップレベルのソーシャル・アントレプレナーやビジネス・アントレプレナーのパワフルなグローバル・ネットワークの一員として迎えています。さらに彼らの変革を世界に広げる手助けもしています。

ASHOKA JAPAN ホームページ

============================
書名「クリエイティング・チェンジ」(電子書籍)
2012年12月25日発行
発行者 DPI日本会議
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-11-8武蔵野ビル5階
※本書は非売品です。問い合わせは、creatingchangejapan@gmail.comまでお願い致します。
============================

| | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »