« 総合福祉法に対する意見書採択 | トップページ | 第28回DPI日本会議全国集会inさいたま
参加者募集!! »

2012年4月 2日 (月)

3月22日尊厳死議員連盟総会

「尊厳死法制化を考える議員連盟」が22日に総会を開き、15歳以上の終末期患者が、栄養や水分の補給を含む延命措置の「不開始」を希望する場合、医師が措置をしなくても、その法的責任を問わないとする「終末期の医療における患者の意思の尊重に関する法律案」(仮称)の原案を示しました。

この日の総会では日本医師会、日本尊厳死協会、日弁連、DPI日本会議からヒアリングを行いました。私たちはなぜこのような法律が必要なのか?誰のために必要なのか?人間の生死に関わることが、十分な議論がされないまま法制化が進められている現状について、改めて反対の意志を表明しました。

▼尊厳死法案への反対表明(DPI日本会議)
http://dpi.cocolog-nifty.com/mailmg/2012/20120316seimei_songenshi_dpi.doc

私たちは、現在進められている法制化の白紙撤回すること、障害者、患者、家族等、当事者・関係者の意見を十分に聴取することを引き続き強く求めていきます。

▼尊厳死法案についての反対声明
・ALS協会声明
http://dpi.cocolog-nifty.com/website/work/als.pdf

・全国青い芝の会声明
http://dpi.cocolog-nifty.com/website/work/aoisiba.pdf

・精神「病」者集団声明
http://dpi.cocolog-nifty.com/website/work/shudan.pdf

▼ニュース記事
延命措置の「不開始」で、医師を免責-超党派議連が法案原案を提示
医療介護CBニュース 3月22日
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/36874.html?freeWordSave=1

●関連情報(DPIブログ 3月26日尊厳死法案への反対表明)
http://dpi.cocolog-nifty.com/vooo/2012/03/post-35f0.html

|

« 総合福祉法に対する意見書採択 | トップページ | 第28回DPI日本会議全国集会inさいたま
参加者募集!! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159489/54371625

この記事へのトラックバック一覧です: 3月22日尊厳死議員連盟総会:

« 総合福祉法に対する意見書採択 | トップページ | 第28回DPI日本会議全国集会inさいたま
参加者募集!! »