« 第17回障害者政策研究全国集会参加募集!!~障害者制度改革を実現し、新しい社会の再生に当事者の力を結集しよう~ | トップページ | 自立生活セミナーシリーズ震災と障害者 講演会『フクシマからの報告』 »

2011年10月21日 (金)

新しいDPI世界評議員について

10月9日から13日にかけて南アフリカのダーバンで第8回DPI世界会議が行われ、次の4年間のDPIの世界評議員が決まりました。これから4年間、新体制のもと、南アフリカで確認された目標や課題に取り組んでいきます。

・議長:ジャビッド・アビディ (アジア太平洋ブロック/インド)
Javed Abidi (Asia Pacific / India)
・副議長(開発):マイケル・フレイザー(北米・カリブブロック/トリニダード・トバゴ)
Michael Fraser (North America and Caribbean / Trinidad and Tobago )
・副議長(人権):レイチェル・カチャジェ(アフリカブロック/マラウィ)
Rachel Kachaje (Africa / Malawi)
・書記:サムエル・カブエ(アフリカブロック/ケニア)
Samuel Kabue (Africa / Kenya)
・財務:ウィルフレッド・グズマン(ペルー)
Wilfredo Guzman Jara (Latin America / Peru)

世界会議についての詳しい報告は、月刊誌「われら自身の声」11月号と、季刊誌「DPI-われら自身の声-」Vol.27-3機関誌にて特集します。

日本は総合福祉法、差別禁止法の制定と制度改革の真っ最中です。4年後の世界会議でも、障害者の制度改革において率先した意義ある報告ができるよう、私たちの声をあげ、活動していきましょう。

|

« 第17回障害者政策研究全国集会参加募集!!~障害者制度改革を実現し、新しい社会の再生に当事者の力を結集しよう~ | トップページ | 自立生活セミナーシリーズ震災と障害者 講演会『フクシマからの報告』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159489/53048866

この記事へのトラックバック一覧です: 新しいDPI世界評議員について:

« 第17回障害者政策研究全国集会参加募集!!~障害者制度改革を実現し、新しい社会の再生に当事者の力を結集しよう~ | トップページ | 自立生活セミナーシリーズ震災と障害者 講演会『フクシマからの報告』 »