« 話そう、語ろう、アフリカの障害の状況を!!―アフリカ・カントリーレポート発表会― | トップページ | 第34回総合リハビリテーション研究大会~総合リハビリテーションの新生をめざしてⅡ~ »

2011年8月31日 (水)

「障害のある女性の生きにくさに関する調査」 ご協力のお願い

今年度、DPI日本会議はキリン福祉財団から助成を受け、DPI女性障害者ネットワークの協力のもと「障害のある女性の生活の困難-人生の中で出会う複合的な生きにくさとは-複合差別実態調査および報告・事例集作成事業」を行っています。

6月から開始した調査では、調査票と、対面での聞き取りをあわせ、約40名の障害女性の声が集まっており、さらに多くの障害女性たちの経験が寄せられることを期待し、調査期限を9月末まで延長しました。

ぜひ、皆さまのご協力をお願い致します。
(転送大歓迎です!)

◆障害のある女性の生きにくさに関する調査ご協力のお願い◆

「障害や病気に加え女性であるために生きづらい・暮らしにくい」と感じたことはありませんか?

『DPI女性障害者ネットワーク』は障害のある女性の多様な生き方が尊重され、自分らしく生きることができる社会を目指して当事者自身が声を発し、法律や制度、施策のあり方をめぐる様々な課題に取り組んできました。

今回その活動の一貫として、障害女性の生きにくさの経験について調査を行うことになりました。障害や病気がある上に女性であることは、この社会の中で困難を重複して抱えていることであり、解決への道筋がより複雑になってしまうことも少なくありません。このような困難を私たちは『複合差別』と呼んでいます。
今まで障害のある女性の問題について注目される機会は少なく、公的な調査も実施されることはほとんどありませんでした。そのため障害女性に特化した施策や支援のあり方も不十分といわざるを得ない現状があります。

私たちの生の現実を数多く蓄積し、問題の重要性を広く周知させるために、みなさんの実体験をお寄せいただきたいと思います。寄せられた情報の取り扱いはプライバシーの保護を厳守し、目的外の使用および個人が特定されるような公表は決して行いません。

●調査の目的 
障害女性が出会う困難の実体験を集め分析することによって、問題解決のための方策を思考し、各種施策に有機的に反映させるための一助とします。具体的には来年発行予定の冊子の基礎資料としたいと考えています。

●調査の対象
障害及び病気を持つ女性

※何らかの理由で障害のある女性自身が記入できない場合、本人の身近でその経験を直接見聞きした方が、可能な限り本人に確認しながら記入してください。

調査の趣旨をご理解いただき、回答にご協力くださる方は、下記リンクからダウンロードしてご記入の上、FAX、郵送、またはメールで 2011年9月30日(金)までにご返送ください。皆さんのご協力を、よろしくお願いいたします。

調査票URL http://dpiwomennet.choumusubi.com/irai4.doc

<お問い合わせ>
〒101-0054  東京都千代田区神田錦町3-11-8武蔵野ビル5F
特定非営利活動法人DPI日本会議気付 DPI女性障害者ネットワーク
(担当:鷺原・島野・佐藤)
TEL 03-5282-3730 FAX  03-5282-0017 E-mail dpiwomen@gmail.com
ホームページ:http://dpiwomennet.choumusubi.com/

|

« 話そう、語ろう、アフリカの障害の状況を!!―アフリカ・カントリーレポート発表会― | トップページ | 第34回総合リハビリテーション研究大会~総合リハビリテーションの新生をめざしてⅡ~ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159489/52614603

この記事へのトラックバック一覧です: 「障害のある女性の生きにくさに関する調査」 ご協力のお願い:

« 話そう、語ろう、アフリカの障害の状況を!!―アフリカ・カントリーレポート発表会― | トップページ | 第34回総合リハビリテーション研究大会~総合リハビリテーションの新生をめざしてⅡ~ »