« 被災地でのボランティア募集 | トップページ | 兵庫県でインクルーシブ教育実現を求める緊急集会(8/8兵庫) »

2011年7月25日 (月)

JDF院内集会のご報告

2011年7月13日(水)にJDF東日本大震災被災障害者総合支援本部の第一次報告会が、衆議院第1議員会館多目的ホールにて開催されました。
「被災障害者支援活動の現状と復興の課題─インクルーシブな社会への新生に向けて─」と題して、JDF被災障害者総合支援本部の活動を中心に、被災地の障害者支援活動の現状を報告するとともに、今後の復興計画を見据えながら、復興に向けた課題について議論されました。

黙祷から始まった報告会の会場は、約250人の参加者でいっぱいになり、多くの方が関心を持っている様子が伺えました。また、20名を超える議員・秘書が来場され、報告に耳を傾けて下さいました。少しでも現地の様子が伝わり、国政に生かされることを願います。

3月以降の各地での活動の様子を聞き、改めて4ヶ月という時間の経過を感じました。これだけの時間が経つのに、被災地の障害者が困難な状況に置かれ続けている現状や、日を追うごとに浮かんでくる新たな課題に、誰もが歯がゆい思いをしたと思います。

しかし、この間に本当にたくさんの人が、混乱のなか必死に繋がり合い、現地に人や物資を届け、行政に呼びかけ、ネットワークを作り上げてきたことを力強く感じました。指定発言では、東北関東大震災障害者救援本部の今村登氏をはじめ、様々な団体の支援活動が報告されました。

お互いに支え合いながらインクルーシブな社会の新生に向けて活動していることを実感しました。

<プログラム>
1.黙祷
2.主催者挨拶 小川榮一(日本障害フォーラム代表/JDF被災障害者総合支援本部長)
3.各政党等挨拶
4.JDFの障害者支援活動の報告
・JDF総合支援本部の活動について  藤井克徳(JDF幹事会議長/被災障害者総合支援本部事務総長)
・みやぎ支援センターから 阿部一彦(JDFみやぎ支援センター代表/被災障害者を支援するみやぎの会代表)、小野 浩(JDFみやぎ支援センター事務局長)
・支援センターふくしまから 白石清春(JDF被災地障がい者支援センターふくしま代表)、穴沢信弥(JDF被災地障がい者支援センターふくしま事務局次長)
5.障がい者制度改革推進会議での検討状況 東 俊裕(内閣府障がい者制度改革推進会議担当室長)
6.JDF構成団体・関係団体の支援活動から(指定発言)
・JDF構成団体より
・協同、連携団体より
7.今後の復興に向けた要望 森 祐司(JDF政策委員長)

今後も、各地での支援の動きを支えると同時に、復興計画から障害者が置き去りにされることがないよう、行政を含めた大きなうねりが必要です。この集会が、そのきっかけの一つとなるよう願います。

この報告会の様子は、月刊われら自身の声8月号でも取り上げます。お楽しみに!

|

« 被災地でのボランティア募集 | トップページ | 兵庫県でインクルーシブ教育実現を求める緊急集会(8/8兵庫) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159489/52302865

この記事へのトラックバック一覧です: JDF院内集会のご報告:

« 被災地でのボランティア募集 | トップページ | 兵庫県でインクルーシブ教育実現を求める緊急集会(8/8兵庫) »