« 障害者虐待防止法、与野党案出揃う―DPIも見解発表 | トップページ | 全障連関西ブロック総会(8/2・大阪) »

2009年7月30日 (木)

全身性障害者にとって社会的自立とは何か(8/1・東京)

DPI日本会議正会員の主催イベントです。お問い合せ、お申し込みは主催者までお願いします。

障害連シンポジウムを開催します

―「全身性障害者にとって社会的自立とは何か」part6、
全身性障害者の生活の場のあり方を、改めて検証する―
“どうなる地域生活、どうする生活施設”



1.日時   2009年8月1日(土) 午後1時半~午後4時半

2.会場   東京都障害者福祉会館

3.資料代  150円

4.パネリスト 馬場精二さん(多摩療護園自治会)
        佐藤律子さん(身体障害者療護施設職員)
        吉田敏彦さん(どろんこ作業所)
        関根義男さん(スタジオIL文京)

5.司会 伊藤雅文(障害連事務局長)
      太田修平(障害連代表)

6.主催   障害者の生活保障を要求する連絡会議(障害連)
              〒101‐0054 東京都千代田区神田錦町3-11-8
       武蔵野ビル5階
               TEL:03-5282-0016 FAX:03-5282-0017
      URL:http://shogairen1976.hp.infoseek.co.jp/




|

« 障害者虐待防止法、与野党案出揃う―DPIも見解発表 | トップページ | 全障連関西ブロック総会(8/2・大阪) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159489/45783649

この記事へのトラックバック一覧です: 全身性障害者にとって社会的自立とは何か(8/1・東京):

« 障害者虐待防止法、与野党案出揃う―DPIも見解発表 | トップページ | 全障連関西ブロック総会(8/2・大阪) »