« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月28日 (火)

総選挙に向けて、議員・候補者への働きかけを呼びかけます(改)

 DPI日本会議が参加する「障害者の地域生活確立の実現を求める全国大行動実行委員会」では、総選挙に向けて議員・候補者への働きかけを呼びかけます。

全国のみなさまへ

解散総選挙はまだだけど
障害者福祉施策の拡充・自立支援法見直しへ

全国でロビー活動を展開しよう!


(初出10月8日)

 11月上旬には選挙かと言われていた衆議院ですが、中山大臣の発言問題や世界的株価暴落の影響で、いつ解散・総選挙になるのか見通しがつかない情勢となっています。

 しかし、すでに多くの衆議院議員や立候補予定者は、地元で選挙事務所を構え、支持者への挨拶回りを始めるなど、いつでも選挙に望めるように準備を始めております。

 この時期は、議員や候補者に直接会えるチャンスです。解散されると、街頭演説など選挙活動に忙殺されるため、なかなか私たちに会っていただけません。しかし、いまなら議員もまだ余裕があり、選挙に向けて地元有権者に1人でも多く会っておきたいと考えています。選挙期間よりも、むしろ選挙までのいまの時期が、議員に会って話が出来る時期なのです。

 そこで、全国大行動では全国のみなさんに、ロビー活動を呼びかけたいと思います。

 ぜひ、各地域で地元選挙区の衆議院議員・立候補予定者に会いに行き、来年に迫った自立支援法の見直しや障害者施策拡充の要望をお願いしてください。私たち当事者が直接候補者に会って、自分たちの想いを訴え、候補者の気持ちを動かしましょう。

 地道で、しんどい活動ですが、ぜひ、力を合わせ、大きなうねりを作り出していきましょう。


※ロビー活動の時は、候補者への要望書と説明資料を用意しましたのでこれを活用してください。
http://www.j-il.jp/jil.files/daikoudou/08syuinsen/08syuinsen.htm(←衆院選へのとりくみ)

http://www.j-il.jp/jil.files/daikoudou/08syuinsen/08loby.htm(ロビー活動資料掲載ページ)


※今後、解散と同時に候補者アンケート・政党アンケートも実施予定です。
 解散から公示までの短い間でのとりくみが必要になります。
 追ってML等で協力を呼びかけますのでよろしくお願いします。

※※現段階では選挙日程が不透明なため、アンケートは中断しています。ご了承ください。



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
「障害者の地域生活確立の実現を求める全国大行動」実行委員会
(全国自立生活センター協議会内)

〒192-0046 東京都八王子市明神町4-11-11-1F
TEL:0426-60-7747 FAX:0426-60-7746
E-mail:daikoudou2005@yahoo.co.jp
http://www.j-il.jp/jil.files/daikoudou/daikoudou_top.htm
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

続きを読む "総選挙に向けて、議員・候補者への働きかけを呼びかけます(改)"

| | トラックバック (0)

JDF地域フォーラムin岡山(11/1・岡山)

JDF(日本障害フォーラム)のイベントです。近隣の皆さん、ぜひご参加ください。

「JDF地域フォーラムin岡山」の開催
~ 障害者権利条約の批准に向けて地域より発信!  ~

 第61回国連総会で障害者権利条約が採択され、日本政府が批准に向けた国内法の整備を進めている中にあって、条約について知るとともに、障害者施策や仕組みをどのように変えていけばよいか考える必要があります。
 このため、幅広い関係者が連携して考え、取り組み、障害のある人もない人も身近な地域で暮らしやすい社会をつくるため、「地域生活」、「雇用」、「教育」などのテーマで話し合います。

・日時  平成20年11月1日(土)13:00~17:00(受付開始12:00)
・場所  公立学校共済組合岡山宿泊所 ピュアリティまきび
            岡山市下石井2丁目6番41号  TEL(086)232-0511
・主催  日本障害フォーラム(JDF)
・共催  JDF地域フォーラム in  岡山 実行委員会
・後援  岡山県、岡山県社会福祉協議会
・参加者  約200名
・資料代  500円

【問い合わせ先】 「JDF地域フォーラムin岡山」実行委員会
 財団法人 岡山県身体障害者福祉連合会内
  〒700-0807 岡山市南方2丁目13-1
 (きらめきプラザ1F)
 TEL 086-223-4562 Fax 086-223-4597

続きを読む "JDF地域フォーラムin岡山(11/1・岡山)"

| | トラックバック (0)

障害者相談支援事業職員研修会(12/4-5・福岡)

DPI日本会議に届いたイベント案内です。お問い合せ、お申し込み等は主催者まで直接お願いします。

第23回障害者相談支援事業職員研修会(in 福岡)
~障害者ケアマネジメント実務者研修会(最終回)~ 

要綱、申し込みなどは主催者のウェブサイトからご覧いただけます。

[開催日時]  2008年12月4日(木)~12月5日(金) ※[申し込み〆切] 11月20日(木)
[開催場所]  福岡朝日ビル地下1階 会議室
〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目1番1号
TEL:092-431-1228
FAX: 092-441-3314

[参加定員]   100名
[参加費]  研修会参加費:1名 3,000円
   ※1日のみ参加費:2,000円 / 介助者は無料
          交流会参加費:(12/4)1名 5,000円  
     昼食代(12/4、5)1食 1,000円

[主 催]  特定非営利活動法人 当事者エンパワメントネットワーク
[現地事務局] 福岡市民間障がい施設協議会

続きを読む "障害者相談支援事業職員研修会(12/4-5・福岡)"

| | トラックバック (0)

厚生労働省、自立支援法を巡る意見募集(11/10まで)

現在厚生労働省では障害者自立支援法の見直しについて意見を募集しています。

http://www.mhlw.go.jp/public/bosyuu/iken/p0910-2.html(厚労省HP)

障害者団体には審議会の部会でヒアリングをおこなったり、別途意見書を出すよう依頼がきていますが、これは個人でも個々の団体でも意見を送ることができます。
匿名を希望することも可能です。

法律関係のパブリックコメントとは手続きが違うもののようですが、来年の見直しに向けて障害当事者から意見を多く出して、反映させていくよい機会だと思います。

締め切りは11月10日になっています。

是非とも、皆さんの障害者自立支援法に対する意見や、現場の声、改善のための具体策を提案してください。

| | トラックバック (0)

このままでいいのか!日本のNPO(11/7・東京)

DPI日本会議に届いたイベントの案内です。お問い合せ、お申し込みは主催者まで直接お願いします。

(初出8月27日)

NPO法施行10周年記念シンポジウム

このままでいいのか! 日本のNPO
~これからのNPOのあるべき姿とその具体策~

チラシはこちらからダウンロード(ワード形式)

・日時  2008年11月7日(金)開場PM6:00、開演PM6:30~PM8:30
・会場  中野サンプラザ:8階研修室2=JR中央・総武・東西線中野駅北口下車徒歩1分

・定員 :先着100名様

・参加費:お一人2,000円(資料代含む)
・参加申込方法:参加申込書にてお早めに下記宛FAXでお申し込み下さい。(申込用紙はこちら:ワード形式)
・参加費支払い:事前に下記口座に振込み、または当日ご持参ください。
 振込先:郵便振替00100-0-34950   
     子ども劇場全国センター

・主催・問い合わせ先
 特定非営利活動法人 子どもNPO・子ども劇場全国センター
   TEL:03-5369-2811、FAX:03-5369-2812
   E-mail:info@kodomo-npo.org
 特定非営利活動法人 NPO推進ネット
   TEL:03-5369-3611、FAX:03-5369-3612
   E-mail:info@npo-suishin.net
 [共同事務所]東京都新宿区新宿1-29-5 
      グランドメゾン新宿東902号

続きを読む "このままでいいのか!日本のNPO(11/7・東京)"

| | トラックバック (0)

日本てんかん協会第35回全国大会(11/29・東京)

DPI日本会議が協賛するイベントの案内です。お問い合せ・お申し込みは直接主催者までお願いします。

日本てんかん協会第35回全国大会(東京大会)のご案内

(初出8月22日)

詳しくは日本てんかん協会のサイトをご覧ください(外部リンク)

・日程
2008年11月29日(土) ~ 30日(日) の2日間

・会場
日本教育会館「一ツ橋ホール」他(東京都千代田区一ツ橋2-6-2)
※最寄駅:東京メトロ神保町駅、九段下駅、竹橋駅

・総合テーマ
「出会い、語らい、そして明日へのエネルギーを!
~てんかんとともに生きる社会へ~」

・参加費
会員:1,000円 、 一般:1,500円

プログラム等は下をクリックしてください。

続きを読む "日本てんかん協会第35回全国大会(11/29・東京)"

| | トラックバック (0)

ゆめ風であいましょう(11/1・東京)

DPI日本会議事務局長の登壇するイベントです。お問い合せ、お申し込みは主催者まで直接お願いします。

カタログハウスの学校 特別企画
ゆめ風であいましょう
いま、高齢者と障害者がもの申す

(初出9月24日)

この催しの収益はすべて被災障害者救援金として使われます

チラシはこちらからダウンロード(PDF形式)

・とき:2008年11月1日(土) 14:30~(開場13:30)
・場所: カタログハウスセミナーホール
   東京都渋谷区代々木2-12-2
   JR 新宿駅南口から徒歩8分
・定員:150 人
・参加費:2000 円 (障害者の介助1 人まで1000 円)

・出演 (敬称略)
 永六輔 
 李政美
 尾上浩二

続きを読む "ゆめ風であいましょう(11/1・東京)"

| | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

障害者権利条約に学ぶ(11/2・釧路)

DPI北海道ブロック会議が主催するイベントです。お問い合せ、お申し込みは主催者まで直接お願いします。

『地域生活北海道フォーラム』
国連「障害者の権利に関する条約」に学ぶ


■基調講演  『障害者の権利条約の概要と課題』
 講師 DPI日本会議条約担当役員・弁護士・熊本学園大学教授 東 俊裕 氏

■シンポジウム 『障害者の権利条約を私たちが使うために』
●コーディネーター
  DPI北海道ブロック会議議長 西村 正樹 氏
●シンポジスト
 東 俊裕 氏
  さぽーとねっと21 会長    伊藤 厚子 氏
  根釧社会福祉士会 釧根地区支部・事務局長 竹田 匡 氏
  地域生活北海道フォーラム 代表 香西 和則 氏

・参加費  500円

・日時  平成20 年11 月2日(日)午後2 時スタート

・会場  釧路市生涯学習センター 5 01 ハイビジョンシアター
      釧路市幣舞4番28号   (0154)41-8181

・連絡先  地域生活北海道フォーラム
           釧路市柏木4-1 地域就労サロン・オアシス (0154)44-3005 担当 香西

・主催  地域生活北海道フォーラム・DPI 北海道ブロック会議
・共催  NPO法人 地域生活支援ネットワークサロン

続きを読む "障害者権利条約に学ぶ(11/2・釧路)"

| | トラックバック (0)

障害者自立支援法訴訟の勝利を目指す会ウェブサイト公開

障害者自立支援法訴訟の勝利をめざす会のホームページがこの度開設されました。

http://www.normanet.ne.jp/~ictjd/suit/

障害者自立支援法訴訟の意義や目的はじめ、弁護団の紹介や裁判に関する用語解説などがコンパクトにまとまっています。

発足集会は10月27日、第一次一斉提訴は自立支援法が国会で決定された10月31日です。

| | トラックバック (1)

「なくそう!医療観察法」院内討論集会(10/14・東京)

DPI日本会議に届いたイベント案内です。お問い合せ、お申し込みなどは主催者まで直接お願いします。

10.14
「なくそう!医療観察法」院内討論集会にご参加を

・日時 10月14日(火)12時~13時30分 

・場所 参院議員会館第1会議室
・交通 地下鉄永田町駅 徒歩3分 国会議事堂駅 徒歩5分

・提起  内田博文さん(九州大教授:刑法)
     岡田靖雄さん(精神科医)

・発言 国会議員・当事者・弁護士・精神医療関係者・市民団体など

・主催 心神喪失者等医療観察法をなくす会
      http://nagano.dee.cc/08nakusu.htm
      東京都文京区本郷3-18-11 TYビル302東京アドヴォカシー法律事務所気付
      E-MAIL: reboot2010-owner@yahoogroups.jp

*議員会館への入場は11時30分から1階ロビー階段下で配布します。

続きを読む "「なくそう!医療観察法」院内討論集会(10/14・東京)"

| | トラックバック (0)

「障害者自立支援法」10.26北海道フォーラム(10/26・札幌)

DPI北海道ブロック会議が中心的に呼びかけるイベントです。詳しくは同ブロック会議のウェブサイトをご覧ください。

http://www.dpi-japan.org/hokkaido/katsudou/081026/index.html

申込用紙はこちらからダウンロード(ワード形式)

・日時  10月26日(日) 13:00~16:45

・会場  北海道自治労会館 5F 大ホール
        (札幌市北区北6条西7丁目)

・定員  350名

・参加費  500円(介助者で資料を必要としない場合は無料)

・締切  10月15日(但し、定員になり次第、締め切ります。)

続きを読む "「障害者自立支援法」10.26北海道フォーラム(10/26・札幌)"

| | トラックバック (0)

2008年10月 7日 (火)

陽川(ヤンチョン)モザイク研修(参加者からのメール)

 8月3日から8日までの6日間の日程で、韓国ソウル市陽川(ヤンチョン)区の行政担当者、区議会議員、障害者団体などの当事者・関係者合計7名が来日し、日本の自立生活運動や自治体レベルでの福祉施策の立案・パートナーシップのあり方などについて研修を受けました。

 先日、ヤンチョン側のカウンターパートであるヤンチョン自立生活センターからお礼のメールをいただきましたので、ご紹介します。今後も、日韓の交流を深めていくと共に、両国の障害者運動・障害者施策の前進につなげていくことができればと思います。

080808korea_studytour

続きを読む "陽川(ヤンチョン)モザイク研修(参加者からのメール)"

| | トラックバック (0)

マニフェストに向けてDPI日本会議、政党要望書提出

 次期総選挙に向けて、去る9月24日前後に、民主党、公明党、共産党、社民党、国民新党の各党に対して、DPI日本会議は、「次期衆議院総選挙に向けたマニフェストに関する要望」を提出、要望を行いました。自民党についても今後提出する予定にしています。

 要望書では、以下の6項目について言及しています。障害者権利条約を国内の障害者施策に的確に反映させるマニフェストが作られるよう、各政党に求めています。

  1. 障害者自立支援法の抜本的見直しを
  2. 裁判規範性のある障害者差別禁止法の制定を
  3. 被害者のエンパワメントができる障害者虐待防止法の制定を
  4. 移動の権利を明記したバリアフリー新法の改正を
  5. インクルーシブ教育の実現を
  6. 障害のある人が働きがいのある職場を

| | トラックバック (0)

2008年10月 6日 (月)

反-貧困 世直しイッキ!大集会(10/19・東京)

DPI日本会議が加盟する「反貧困ネットワーク」のイベントです。ぜひご参加ください。お問い合せ・お申し込みは主催者まで直接お願いします。

反-貧困 垣根を越えてつながろう!! 世直しイッキ!大集会

(初出9月12日)

・日時:2008年10月19日(日)13:00~ 雨天決行    
・参加費:無料

・場所:明治公園 (JR「千駄ヶ谷駅」下車徒歩9分/都営大江戸線「国立競技場駅」下車「A2出口」徒歩7分)    

・各種分科会開催:労働、子ども、社会保障、女性、ホームレス、居住、食料危機、多重債務 等

・主催・お問い合わせ:反貧困ネットワーク 
 東京都新宿区新小川町7-7 NKBアゼリアビル202
 TEL/FAX 03-6431-0390 
  Eメール:hanhinkon.net@gmail.com

*当日ボランティア募集中!応募は、上記、反貧困ネットワーク(hanhinkon.net@gmail.com)まで
*「世直しイッキ大集会」に賛同金をお寄せいただければ幸いです。
  郵便振替:00170-5-594755 
  賛同費:個人、団体とも1口1,000円 加入者名:反貧困ネットワーク
  ☆「大集会賛同金」と明記してください。

続きを読む "反-貧困 世直しイッキ!大集会(10/19・東京)"

| | トラックバック (0)

セミナー 障害者プロフェッショナル・弁護士の仕事(10/11・東京)

DPI日本会議に届いたイベント案内です。お問い合せ、お申し込みは主催者までお願いいたします。

セミナー 障害者プロフェッショナル・弁護士の仕事

(初出9月5日)

ゲストスピーカー 大胡田誠(おおごだ・まこと)さん
業務一年目、駆け出しの全盲弁護士
2006年の司法試験に五度目の挑戦で合格

◆チラシ PDF版は下記に掲載しています。
会場へのアクセス、地図、参加申込書つき
http://www.dpi-japan.org/friend/restrict/topix/topix2008/seminar081011.pdf

■日時・場所
2008年10月11日(土)
午後1:30開場 2:00開始 4:30終了予定

会場 岸町ふれあい館
   (東京都北区岸町1-6-17)3階・第5集会室
交通 地下鉄南北線・JR京浜東北線「王子」駅下車 北口より徒歩5分
   南北線「王子」駅は「北とぴあ」のエレベーターで地上と連結
地図 http://www.enjoytokyo.jp/NT002Map.html?SPOT_ID=l_00017904

■資料代 千円
■事前参加申込み制(この案内文の最後に参加申し込み書あり)
手話通訳・文字通訳・点字・テキストデータのご希望は
参加申込み時にお知らせください。

■主催 障害者欠格条項をなくす会(共同代表 福島智 大熊由紀子)
   〒101-0054 千代田区神田錦町3-11-8武蔵野ビル5F
■協賛 自立生活センター・北

続きを読む "セミナー 障害者プロフェッショナル・弁護士の仕事(10/11・東京)"

| | トラックバック (0)

障がいがあっても暮らしやすい街づくり(10/12・函館)

DPI日本会議副議長が登壇するイベントです。お問い合せ、お申し込みは主催者まで直接お願いします。

障がいがあっても暮らしやすい街づくりタウンミーティング in 道南

(初出9月24日)

チラシはこちらからダウンロード(ワード形式)

・日時:2008年10月12日 日曜日 12:30~15:30 (受付開始12:00)
・場所:北海道教育大学函館校 第一講義室
・参加費:無料
・定員:300名

・目的
この事業は、タウンミーティングの開催を通じて、精神障がい者及び精神疾患者、合わせて各それぞれの立場の障がい者の現状を知っていただき、地域に住む皆さんに正確な情報、知識を啓発し、障がい者の理解を深めることで、障がい者自身が、地域で楽しく生活をするための、環境づくりを普及、啓発する。その成果として、精神障がい並びに各障がいに対する誤解や偏見をなくすこと、地域の皆さんが、障がいを身近なことと感じていただくことを目的として開催します。

・問い合わせ先
特定非営利活動法人 全国精神障がい者地域生活支援センター 事務局 事業営業企画グループ
電話 0138-46-0600 FAX 0138-46-2720 E-mail mental@mls-j.com

続きを読む "障がいがあっても暮らしやすい街づくり(10/12・函館)"

| | トラックバック (0)

「6歳の春を分けるな!」シンポジウム&コンサート(10/26・東京)

DPI日本会議も共同代表を務めるイベントです。ぜひご参加ください。お問い合せ、お申し込みは下記お問い合せ先までお願いします。

共に生きる社会は、共に学ぶ学校から
「6歳の春を分けるな! シンポジウム&コンサート」

(初出9月3日)

チラシはこちらからダウンロード(PDF形式)

・日時
 開場:12時30分 開会:1時 閉会:4時4 分

・プログラム
 講演 坂本示右之輔さん(東松山市長)/東 俊裕さん(弁護士)
 パネルディスカッション 坂本市長・東さん・文科省(交渉中)
 ミニコンサート 李政美さん
 今後に向けて行動提起・討議

・参加費 2000円(資料代含)

・場所 東京都しごとセンター 講堂
 東京都千代田区飯田橋3-10-3
 TEL 03-5211-2308
 JR飯田橋駅東口、徒歩7分
 地下鉄東西線・有楽町線・南北線・大江戸線飯田橋駅A2出口、徒歩7分
 東西線飯田橋駅A5出口徒歩2分

・主催 障害者権利条約批准・インクルーシブ教育推進ネットワーク

・連絡先:
 〒101-0054
 東京都千代田区神田錦町3-11-8 武蔵野ビル5F
 DPI 日本会議 事務局 気付
 TEL03-5282-3730 FAX 03-5282-0017
 メールアドレス jyoyaku-inclu-net@victory.nifty.jp

続きを読む "「6歳の春を分けるな!」シンポジウム&コンサート(10/26・東京)"

| | トラックバック (0)

2008年10月 3日 (金)

生活保護通院移送費院内集会(10/8・東京)

DPI日本会議も呼びかけています。是非ご参加を。

物価高が生活保護受給者の生活を直撃しています。
生活保護基準は上げる時!
通院交通費不支給通知は撤回へ!
10・8集会への参加を呼びかけます


2008年9月24日

生活保護問題対策全国会議 代表幹事 尾藤廣喜
中央社会保障推進協議会 代表委員 住江憲勇
全国公的扶助研究会 会長 杉村宏 
全日本民主医療機関連合会 会長 鈴木篤
NPO法人自立生活サポートセンター・もやい 理事長 稲葉剛
特定非営利活動法人DPI日本会議 議長 三澤 了
全国生活と健康を守る会連合会 会長 鈴木正和

 日頃より、市民の生活と権利を守るために奮闘されていることに敬意を表します。

 生活保護の老齢加算・母子加算の削減・廃止が進められる中、昨年末には生活保護基準本体の引き下げがもくろまれ、世論の強い批判を浴びて「1年先送り」されました。しかし、物価高が進む昨今、生活保護基準は実質的に引き下げられたも同前で、生活保護利用世帯からは「これでは生きていけない」との悲鳴があがっています。
市民の生存権保障のためには、基準の「引き下げ」など言語道断で、「引き上げ」こそ必要です。

 また、厚生労働省は、本年4月1日、生活保護の通院交通費を原則不支給とする社会・援護局長通知を発しました。生活保護利用者に対して生活費を切り詰めて通院を継続するか、受診を抑制するかを強要するこの局長通知は、利用者の生存権や医療を受ける権利を侵害するものです。これも世論の強い批判を浴び、同省は、6月10日、生活保護課長通知の発出とともに舛添大臣が会見で「局長通知の事実上の撤回」と発言しました。
しかし、問題の局長通知がそのまま残されているため、事実上の撤回と言いながら、支給されるべき通院交通費が支給されないという被害が各地で起きています。問題の解決のためには、「局長通知の撤回」しかありません。

 私たちは、これまでも局長通知の撤回を求めて共同行動を行ってまいりましたが、来る10月8日(水)午後16時~には、本書冒頭表記の集会を開催する予定です。
 是非、取り組みの趣旨にご賛同いただき、集会での発言その他のご協力をいただきますよう、よろしくお願いいたします。

・日時  2008年10月8日(水)午後16時~
・場所  参議院会館 第3会議室


(連絡先)生活保護問題対策全国会議 事務局長 弁護士 小久保哲郎
TEL06-6363-3310 FAX06-6363-3320
Emale : tk-akari@wmail.plala.or.jp

| | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »