« 障害者自立支援法訴訟学習会(10/1・東京) | トップページ | ダイバシティ2008(9/27・東京) »

2008年9月24日 (水)

ラオスの障害者支援(10/3・東京)

DPI日本会議に届いたイベント案内です。お問い合せ、お申し込みは、主催者まで直接お願いします。

車イス工房長ピッピサン氏と考える障害者の自立支援

イベント案内サイト(難民を助ける会)

 難民を助ける会は、ラオスの障害をもつ人たちが社会参加の機会を得られるよう、首都ビエンチャンで車イスの製造と配布を行っています。

 難民を助ける会が運営している車イス工房はラオスに唯一の車イス工房。ひとりひとりの障害に合った車イスを製造し、首都から遠く離れた地域の人たちや、貧しい人たちに確実に届けるため、活動を続けています。

 このたび、車イス工房長のピッピサン氏が来日。難民を助ける会ラオス駐在員・岡山典靖とともに、ラオスの障害者の現状と、支援活動の今をご報告します。
※日・英逐次通訳付き


【日時】2008年10月3日(金) 午後6時30分~8時30分
【場所】 JICA地球ひろば セミナールーム301 
     東京都渋谷区広尾4-2-24 
【交通】 東京メトロ日比谷線広尾駅(3番出口) 徒歩1分
【参加費】無料
【定 員】 60名(先着順、要事前申込)

【お申し込み・お問合せ】こちらのお申込フォーム
または、お電話03-5423-4511から事前にお申込ください

|

« 障害者自立支援法訴訟学習会(10/1・東京) | トップページ | ダイバシティ2008(9/27・東京) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159489/42579813

この記事へのトラックバック一覧です: ラオスの障害者支援(10/3・東京):

« 障害者自立支援法訴訟学習会(10/1・東京) | トップページ | ダイバシティ2008(9/27・東京) »