« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月30日 (月)

6.19生活保護移送費問題緊急集会報告等

(初出6月20日)

 6月19日に行われた、「生活保護通院移送費削減・通知の撤回を求めて、6月19日緊急院内集会」には、100名を超える参加者があり、マスコミも含め大勢が駆けつけました。国会議員も、与野党を超えて集まり、この問題が深刻であるとの認識が広まってきたことがうかがえました。

 緊急集会にもかかわらず、お集まりいただいたみなさまに感謝いたします。これからも粘り強い闘いを共に進めていきましょう。

集会で採択された「通院移送費問題局長通達の完全撤回を強く求める声明」(ワード形式)

(参考)厚生労働省6月10日付課長通知(PDF形式)

集会報告は下をクリック(この記事の続きとして読めます)

続きを読む "6.19生活保護移送費問題緊急集会報告等"

| | トラックバック (0)

「バリアフリー新法から見えてくるもの」(7/5・兵庫)

DPI日本会議に寄せられたイベント案内です。お問い合せ、お申し込み等は主催者まで直接お願いします。

「バリアフリー新法から見えてくるもの」
― 障害者権利条約の実体化を目指して ―

(初出6月18日)

チラシ&申込用紙(PDF形式)

・日時 2008 年7月5日(土) 12:30~16:45
・場所 西宮市立勤労会館 ホール(西宮市松原町2 番37 号)
JR西宮駅下車 南西へ徒歩6 分・阪神西宮駅下車 東へ徒歩5 分

・主催 定藤記念福祉研究会
・定員  400人
・参加費 1,000円
《参加費は当日会場にて徴収いたします。
尚懇親会に参加される方は、別途2,000 円をご負担いただきます。》

続きを読む "「バリアフリー新法から見えてくるもの」(7/5・兵庫)"

| | トラックバック (0)

講演会「福祉がかわる、時代をうごかす」(7/5・札幌)

DPI日本会議に寄せられたイベント案内です。お問い合せ、お申し込み等は主催者まで直接お願いします。

福祉がかわる、時代をうごかす

(初出6月18日)

チラシ(PDF形式)

・講師 野沢和弘(毎日新聞社会部副部長・全日本手をつなぐ育成会理事・千葉県障害者差別をなくすための研究会座長)

・日時 2008年7月5日(土) 13:30-16:30

・会場 札幌市西区民センター 3階ホール
          札幌市西区琴似2条7丁目

・参加費 800円(資料代含む)

・主催 福祉と共生社会を考える会

・後援 社会福祉法人札幌この実会/札幌市手をつなぐ育成会/P&A北海道/共に生き・共に働く事業所ネットワーク

・問い合わせ 福祉と共生社会を考える会
  「共働サービスたねや」気付 担当・石沢
  電話 011-614-1871

| | トラックバック (0)

「いま人権としての地域生活を考える」(7/13・東京)

DPI日本会議に寄せられたイベント案内です。お問い合せ、お申し込みは主催者まで直接お願いします。

絆社公開研修会第2回
いま人権としての地域生活を考える

・日時:7月13日(日)
   午後1時開場 午後1時半から5時まで

・場所 中野区障害者社会活動センター 多目的室
     スマイルなかの4階 JR中野北口下車
    権利主張センター中野の名前でとってあります

・講師 鈴木敬治(大田区支援費訴訟原告)
     藤岡 毅(弁護士大田区支援費訴訟原告代理人)

・参加費 無料

・お問い合わせ 
〒164-0011 東京都中野区中央2-39-3    
      電話 080-1036-3685
  (土日を除く14時から17時まで) 
  お申し込みは不要です。どなたでも参加できます

 

続きを読む "「いま人権としての地域生活を考える」(7/13・東京)"

| | トラックバック (0)

2008年6月26日 (木)

こらーるカフェ・オープニングイベント(6/28・東京)

DPI日本会議正会員の主催イベントです。お問い合わせは主催者までお願いします。

こらーるカフェオープニングイベント
川田悦子さん講演&近藤ヒロミさんのライブコンサート

・日時:2008年6月28日午後12時30分~15時30分
・会場:向島2・3丁目町内会館&こらーるたいとう

・内容1:川田悦子さんの講演 12時30分~14時(質疑応答含め)、
     会場は向島2・3丁目町内会館

・内容2:近藤ヒロミさんのライブコンサート(14時15分~15時30分)
     会場はこらーるカフェ(こらーるたいとう)

・参加費:千円(ライブコンサートでソフトドリンクをお出し致します)

・お問い合わせ先:NPO法人こらーるたいとう
 〒131-0033
  墨田区向島3-2-1向島パークハイツ1階
  電話03-5819-3651 ファックス03-5819-3652

続きを読む "こらーるカフェ・オープニングイベント(6/28・東京)"

| | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

東南アジアの知的障害者の本人活動(6/24・東京)

DPI日本会議に寄せられたイベント案内です。お問い合せ、お申し込みは主催者まで直接お願いします。

知的障害者の本人活動と家族のネットワーク ~東南アジアの経験
 
(初出 6月18日)

世界銀行情報センター(PIC東京)
障害分野NGO連絡会(JANNET)
日本財団 共催 
コーヒーアワー 「障害と開発」シリーズ 第13回

世銀のウェブサイト http://go.worldbank.org/E92I2PJUO0

・スピーカー
長瀬修さん(国際育成会連盟理事/全日本手をつなぐ育成会国際活動委員長)
奈良崎真弓さん (本人の会サンフラワー/社会福祉法人杜の会ガイドヘルパー)

・日時
2008年6月24日(火) 午後6時30分~8時00分

・場所
世界銀行情報センター(PIC東京) 
東京都千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビル1階  
地下鉄三田線 内幸町駅、日比谷線・千代田線・丸の内線 霞ヶ関駅

・お問合せ先
世界銀行情報センター(PIC東京) 
E-mail: ptokyo@worldbank.org Tel:03-3597-6650

お申し込み方法は世銀のサイトをご覧ください 
  http://go.worldbank.org/E92I2PJUO0

| | トラックバック (0)

ベンチレーター(人工呼吸器)研修会(6/24・札幌)

DPI日本会議に寄せられたイベント案内です。お問い合せ、お申し込み等は主催者まで直接お願いします。

ベンチレーター(人工呼吸器)研修会

(初出6月18日)

チラシ(ワード形式)

・講演テーマ 『ベンチレーター使用者の在宅生活と、これからの課題』

・日時:平成20年 6月24日(火曜日)
     13:30~15:30
・会場:札幌市白石区南郷通14丁目南2-2
  ニュー南郷サンハイツ 1F
  NPO法人 自立生活センター さっぽろ

・主催:ベンチレーター使用者 ネットワーク

・申込/問い合わせ先
 自立生活センター さっぽろ
 電話・FAX:011-867-5699
 メール:cils@jvun.org

続きを読む "ベンチレーター(人工呼吸器)研修会(6/24・札幌)"

| | トラックバック (0)

映画「ふるさとをください」英語字幕版特別上映会(6/26・東京)

DPI日本会議に寄せられたイベント案内です。お問い合せ、お申し込みは主催者まで直接お願いします。

映画「ふるさとをください」英語字幕版完成特別上映会のご案内

(初出6月18日)

1.日時:2008年6月26日(木)午後6時 開場 6時30分 あいさつ・開映(94分)
2.会場:日本財団ビル 2F 大会議室
    〒107-8404  東京都港区赤坂1丁目2番2号 TEL:03-6229-5111(総合案内)
3.主催:きょうされん(旧称:共同作業所全国連絡会)
4.協力:日本財団

*下記事項ご記入の上、FAX(03-5385-2299:きょうされん事務局/川久保陽子宛)にてご返送ください。

ご芳名   
ご所属    
ご住所   
電話   
FAX 

続きを読む "映画「ふるさとをください」英語字幕版特別上映会(6/26・東京)"

| | トラックバック (0)

寝屋川市民たすけあいの会30周年記念講演会&シンポジウム(6/29・大阪)

DPI日本会議に寄せられたイベント案内です。お問い合せ、お申し込み等は主催者まで直接お願いします。

寝屋川市民たすけあいの会30周年記念講演会&シンポジウム

(初出6月18日)

http://homepage3.nifty.com/neyagawatasukeai/
 
【日時】 平成20年6月29日(日)13:00~16:40
【会場】 寝屋川市立総合センター(中央公民館)2F講堂

◆定員  400名
◆参加費  無料(申し込み不要)
◆後援  寝屋川市、寝屋川市社会福祉協議会、大阪ボランティア協会
◆主催  寝屋川市民たすけあいの会 (担当:冨田)
〒572-0061 寝屋川市長栄寺町5-1 

続きを読む "寝屋川市民たすけあいの会30周年記念講演会&シンポジウム(6/29・大阪)"

| | トラックバック (0)

「西駒郷」の地域移行を検証する研究報告会(6/29・東京)

DPI日本会議に寄せられたイベント案内です。お問い合せ、お申し込み等は下記連絡先まで直接お願いします。

長野県知的障害者入所施設「西駒郷」の地域移行を検証する研究報告会

(初出6月18日)

http://blog.canpan.info/nishikoma-pro/archive/50

・日時 2008年6月29日(日)12:00~17:00
・場所 日本財団ビル2階「大会議室」(〒107−8404 東京都港区赤坂1丁目2番2号) 

・定員 会場の都合上、150人までとさせていただきます。
・参加費 1000円(資料代含む)

・申込み 人数把握のため、事前に申し込まれることを希望します。
   (1)代表者のお名前、(2)人数、(3)所属、(4)会場で必要な支援 を明記の上、
   以下までメールまたはファックスでお申し込みください。    
    大阪府立大学人間社会学部 三田研究室
    メール mita@sw.osakafu-u.ac.jp / Fax 072-254-9779

・主催 長野県西駒郷の地域移行評価・検証に関する研究班
  (なお、助成事業実施団体は、社会福祉法人長野県社会福祉事業団です)

続きを読む "「西駒郷」の地域移行を検証する研究報告会(6/29・東京)"

| | トラックバック (0)

2008年6月19日 (木)

社会保障費2200億円削減に反対

 政府が進めている「骨太の方針2008」では、社会保障費2200億円を削減する方針が示されています。DPI日本会議では、2200億円削減に反対する要望書へ賛同をすることといたしましたので、ご報告いたします。

要望書

内閣総理大臣 福田康夫様

 私たちは、政府が「骨太の方針2008」において、社会保障費2200億円の削減方針を撤回することを求めます。総額2200億円の削減ありきの中、弱い立場におかれている人に痛みが集中しています。持続可能な制度も大切ですが、なによりも私たちの生活が持続可能かどうかの検証が必要です。これ以上「命を値切る」政治を行わず、人々の生活に寄り添った政治を行うよう、強く要望致します。

(呼びかけ団体)
難病をもつ人の地域自立生活を確立する会(代表 山本 創)
反貧困ネットワーク(代表:宇都宮健児)
 162-0814
 東京都新宿区新小川町7-7 NKBアゼリアビル202
  TEL 03-6431-0390
  WEB http://www.k5.dion.ne.jp/~hinky/

| | トラックバック (0)

2008年6月18日 (水)

「障害者市民案」へのご意見募集

DPI日本会議が参加している「障害者政策研究全国実行委員会」では、障害者差別禁止法の検討を進めてきました。この度、素案がまとまりましたので、みなさまから広くご意見をいただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

「障害をもつ人の権利保障と差別を禁止する法律(素案)」
【通称:障害者市民案】の「意見募集」のお願い

・期間 6月18日(月)~7月31日(木)
・検討資料 *「障害をもつ人の権利保障と差別を禁止する法律(案)」(通称:障害者市民案)←こちらからダウンロードしてください(ワード形式)

 「障害者市民案」の解説もご覧いただけます。←こちらからダウンロードしてください(ワード形式)
   
・「ご意見」の送り先
 メール:office@dpi-japan.org
 FAX:03-5282-0017
 郵送:〒101‐0054
   東京都千代田区神田錦町3-11-8武蔵野ビル5階
   DPI日本会議気付 政策研事務局

 
 

続きを読む "「障害者市民案」へのご意見募集"

| | トラックバック (0)

生活保護移送費問題、緊急院内集会の呼びかけ(6/19・東京)

DPI日本会議は、みなさまに以下の集会への参加を呼びかけます。お忙しいとは思いますが、ぜひ、集まってください。

生活保護通院移送費削減・通知の撤回を求めて
6月19日緊急院内集会参加のお願い

  2008年6月10日、厚生労働省社会・援護局保護課長は、「医療扶助における移送の給付決定に関する留意点(周知徹底依頼)」と題する通知を発出いたしました。しかし、この通知は、同年4月1日付の「生活保護法による医療扶助運営要領の一部改正について」と題する同省社会・援護局長通知について説明を加えたものにとどまっています。

 政治的判断においては、与野党をこえて局長通知の撤回が必要であることが明確に申し入れているにもかかわらず、6月10日の通知では私どもが不安に思っておりました問題点を解消するものとなっておりません。私たちは、「事実上撤回と同じ効果を持つ」と言えるためには、以下のポイントが必要と考えております。

1)「4月1日局長通知を廃止し」の文言をいれる

2)移送費が必要な場合の列挙だと、福祉事務所によっては限定列挙と解釈されるおそれがあるので、列挙はしない

3)「高額」という言葉が一度出てしまっているので、「必要な通院において、電車・バス等の公共交通機関を利用し、適正なルートで通院している場合、金額の高下にかかわらず、今までどおり通院移送費を支給するように留意すること」など、その限定要件を払拭する文言を意識的にいれる。

4)「タクシーの利用などで、移送費が高額になる場合には、交通手段の適正さや他の代替医療機関の受診可能性について精査すること」といった文言をいれ、適正な交通手段の精査の具体的方法については、別途問答(Q&A)で指示する。
 
 私たちは、引き続き、関係諸団体、保護利用者、マスコミ各位、良心ある与野党議員とともに、局長通知の撤回を求めて下記の緊急院内集会を行うこととしております。急なお願いでまことに恐縮ではありますが、皆さんの参加、動員をよろしくお願いします。

                 記
日時 6月19日(木) 午後13時~14時
場所 衆議院第2議員会館 第一会議室
*当日は通行証を12時30分より、入り口で配布いたします。

<呼びかけ団体>
生活保護問題対策全国会議 代表幹事 尾藤廣喜
中央社会保障推進協議会 代表委員 住江憲勇
全国公的扶助研究会 会長 杉村宏
全日本民主医療機関連合会 会長 鈴木篤
NPO法人自立生活サポートセンター・もやい 理事長 稲葉剛
特定非営利活動法人DPI日本会議 議長 三澤了
全国生活と健康を守る会連合会 会長 鈴木正和
全国クレジット・サラ金問題対策協議会 代表幹事 木村達也

<連絡先>
難病をもつ人の地域自立生活を確立する会 代表 山本 創(やまもと はじめ)
TEL 03-3296-7137 FAX 03-5282-0017 
E-mail living@y5.dion.ne.jp

| | トラックバック (0)

ダスキン・アジア太平洋障害者リーダー成果発表会(6/21・東京)

DPI日本会議に寄せられたイベント案内です。お問い合せ、お申し込みは主催者まで直接お願いします。

ダスキン・アジア太平洋障害者リーダー育成事業 
第9期生 成果発表会

チラシ(ワード形式)
申込用紙(ワード形式)

・期日  平成20年6月21日(土)13:30~17:00

・会場  戸山サンライズ 2階 大研修室
(東京都新宿区戸山1‐22‐1 URL:www.normanet.ne.jp/~ww100006/

・参加費  500円(資料代) *当日受付にてお支払い下さい。介助者は無料です。

・定員  200名(先着順)

・申込み方法
申込用紙にご記入の上、事務局宛、お申し込みください。
また、HP上からもお申込いただけます。
URL:http://www.normanet.ne.jp/~duskin/index.html 

・事務局
日本障害者リハビリテーション協会 企画研修部研修課
(〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1)
  TEL:03-5273-0633  FAX:03-5273-1523  
  Email:inquiry@dinf.ne.jp

続きを読む "ダスキン・アジア太平洋障害者リーダー成果発表会(6/21・東京)"

| | トラックバック (0)

DPI女性障害者ネットワーク書籍案内

DPI女性障害者ネットワークの昨年度の活動をまとめた活動報告&資料集がまとまり、一冊1000円で頒布されています。

この活動報告&資料集は、これまでのDPI女性障害者ネットワークの活動のことや、関係資料のリストなど、情報も盛りだくさんのものになっています。
ご注文は下記アドレスまで。

DPI女性障害者ネットワーク
dpiwomen_net@infoseek.jp

 なお、視覚障害をお持ちの方のために、テキストデータ版、紙点字版も作成しています。必要な方は、その旨も記載の上、メールいただければと思います。

 どうぞよろしくお願いします。

以下、目次です。

続きを読む "DPI女性障害者ネットワーク書籍案内"

| | トラックバック (0)

重度障害者の介護サービスについての調査(第1次集約結果の公表)

 DPI日本会議も呼びかけ団体となっている「障害者の地域生活確立の実現を求める全国大行動実行委員会」では重度障害者の介護サービスについての調査を行いました。

 この度、第一次集約がまとまりましたので、公表いたします。

第一次集約結果について(PDF形式)

 調査は全国の重度訪問介護事業を行う事業者、利用者、ヘルパーを対象に電子メール、ホームページ、FAX等により協力を依頼し手行われました。またヘルパーを対象とした調査は本年1月から2月にかけて1次調査を行っています。

 今回の調査では、2008年4月25日より調査票を配布し、5月26日までに電子メール、FAX、郵送などで得た回答をもとに第一次集約を行い今回の中間集計としました。回答数は事業所54、利用者151、ヘルパー877(1次調査含む)となっています。

| | トラックバック (0)

厚生労働省自立支援法関連パブリックコメント

 現在、下記のパブリックコメントが実施されています。

通所、在宅サービスに関する費用負担(元々の上限より8分の1)

福祉サービス、補装具の負担上限の際の世帯範囲(本人、並びに配偶者に限定)


 この間の私たちの粘り強い取り組みの結果、政府・与党も昨年、緊急措置を打ち出しました。その中で、負担に関する見直しは今年7月からの実施が予定されています。それに向けての省令改正のパブリックコメントです。
 内容は、通所・在宅サービスの負担上限額の見直し(元々の上限額の8分の1、昨年の特別対策以降の2分の1)と、福祉サービス・補装具の費用負担の際の世帯の範囲を本人並びに配偶者(親きょうだい、こどもがはずれた)に限定するというものです。

 特に、世帯の範囲については、かつて「障害者を大きな赤ん坊にするな!」とのスローガンで闘われた施設の費用徴収問題等でも問われた大きな問題です。
 「自立支援法」の検討時点でも、私たち側からは、「支援費になって親きょうだいを外したのに、再び世帯全員にすることは障害者の自立を阻害し、歴史的逆行」と批判をしてきました。当時の厚生労働省の担当者は、「民法の扶養義務規定の見直しまで必要な課題であり、障害者本人を中心にすることは難しい」と言い放っていました。

 今回、民法改正どころか「自立支援法」の法文そのものの改正すら行わずに、省令改正で対応しています。法制定時の説明は一体何だったのかとの疑問は禁じ得ませんが、障害者本人の自立という理念からは、障害者本人中心への見直しは当然とも言えます。


 他方で、負担上限額、世帯の範囲の見直しともに、「緊急措置」として行われています。そのため、原則1割負担を求める「応益負担」や、福祉サービス、補装具、医療、地域生活支援事業(自治体による)の体系ごとに負担が求められる仕組み自体の問題は残されたままです。また、今回の措置もいつまで続くのかも不確かです。


 これらの点をふまえて、皆様におかれましても、意見提起を頂ければ幸いです。

| | トラックバック (0)

精神医療ユーザー・サバイバーネットワーク条約マニュアル

DPI日本会議に寄せられた書籍の案内です。お求めは直接下記のサイトからお願いします。

http://nagano.dee.cc/wnuspmanual.htm

WNUSP障害者権利条約履行マニュアル邦訳を発行しました。

A4判 56ページ 定価 送料含め 1000円

 条約の要約と何をなすべきか、各地での実践例、オールタナティブの提起など盛りだくさんの内容です。

 なお視覚障害など墨字本を読めない方にはメールで電子データもお送りいたします。活字版同様1000円のお振込みをお願いいたします。メールでお申し込みください。

http://nagano.dee.cc/wnuspmanual.htm

| | トラックバック (0)

障害があっても暮らしやすい北海道づくりを考えるフォーラム(6/28・札幌)

DPI北海道ブロック会議総会記念イベントです。ぜひご参加ください。

障害があっても暮らしやすい北海道づくりを考えるフォーラム

~障害児・者への差別や偏見を解消し、だれもが安心して暮らせる北海道づくりをめざして~

チラシ・申込用紙(ワード形式)

・開催日時  2008年6月28日(土)13:00~17:00

・会場 札幌市身体障害者福祉センター 3F 大会議室
        (西区二十四軒2条6丁目)

・定員 100人(定員になり次第、締め切ります。)

・参加費 500円(資料代として)

・問い合わせ先
 DPI北海道ブロック会議
 〒062-0008 札幌市豊平区美園8条1丁目3-23
                           コーポリボンハウス
    TEL:011-842-9337
    FAX:011-842-9330
    e-mail:info_hokkaido@dpi-japan.org
    http://www.dpi-japan.org/hokkaido/

続きを読む "障害があっても暮らしやすい北海道づくりを考えるフォーラム(6/28・札幌)"

| | トラックバック (0)

みんなで作ろう!多目的トイレマップ

DPI日本会議正会員の全国頸随損傷者連絡会からご提供いただいた情報です。

みんなで作ろう!多目的トイレマップ http://wc.m47.jp/

続きを読む "みんなで作ろう!多目的トイレマップ"

| | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »