« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月21日 (水)

バングラデシュ水害に関して(1)

 11月15日に、バングラデシュをおそったハリケーン「シドル」は、バングラデシュの沿岸部をはじめとして大きな被害をもたらしました。DPIバングラデシュに当たる「BPKS(バングラデシュ障害者福祉協会)」のサタール・デュラル氏(DPI世界書記)から、18日に緊急メールを受け取りましたので、以下にご紹介します。

 DPI日本会議としては、BPKSの募金受入体制が整い次第、日本国内においても募金活動に取り組みたいと考えています。その際には、皆さまのご協力をお願いいたします。

------------------------------(引用)--------

2007年11月18日(日)付 BPKS サタール・デュラル氏からのメール

バングラデシュの緊急事態について

親愛なる皆さま
 バングラデシュの障害者を代表して、常に皆さまが私たちのことを考え、共にいてくださることに感謝します。多くの支援者の方から、バングラデシュや障害者の状況についてお尋ねをいただいています。ありがとうございます。

 さて、今回、サイクロン「シドル」は11月15日午後6時45分(現地時間)にバングラデシュ南西部の海岸地域を直撃し、甚大な被害を残しながら進んでいきました。バリシャル(Barishal)、パトゥアカリ(Patuakhali)、クルナ(Khulna)、サトキラ(Satkhira)、バゲルハット(Bagerhat)、ボラ(Bhola)、ピロジポア(Pirojpore)、ボルグナ(Borguna)、ラクシュミプール(Lakshmipur)そしてジャロカティ(Jhalokhati)の各県で「シドル」による甚大な被害が発生し、生命、財産、家屋、施設、穀物をはじめほとんどのものが台無しになってしまいました。これらの「シドル」が直撃した地域のうち、BPKSはバリシャル、サトキラ、ボルグナ、ラクシュミプールそしてジャロカティでこれまで事業を行っていました。

 報道によれば、サイクロンによってすでに死者の数は2100名を超え、その数は時を追うごとに増加しています。また、何千もの人たちが行方不明になり、また、多数のけが人が出ています。特にトタン屋根と泥で作られた海岸沿いの家は、そのほとんどが土中に没しました。犠牲者の実数は、沿岸部のさまざまな地域から報告があがる度に増えています。当該の地域から聞くところによると、ほとんどの樹木とあらゆる穀物が完全に損失しました。豪雨と嵐によってもたらされた大洪水は何十万の家畜を押し流し、家屋などもひどい損害を受けました。何百もの遺体(男女・こどもを問わず)が水中に浮かんでいるのを見ることができます。情報によれば、実際の犠牲者や財産的損失は私たちが想像するよりも大きく、数日中に確認されるであろうとのことです。海岸地域は金曜日から、電力供給も、電話回線も途絶えています。交通システム(道路)も、完全に破壊されました。被害を受けた県では、金曜日の夜まで首都との間で通信と道路によるリンクが寸断されていました。国全体が闇に包まれ、地方紙は全国的な送電網の受けた被害のために発行できなくなりました。国営テレビも3時間ダウンしました。空の便も長い時間中断を余儀なくされました。

 150艘ほどのトロール漁船も失われました。サイクロンによる5メートルほどの高潮のために被災地の多くが水につかりました。農業省によれば、11の海岸沿いの県では約95パーセントの実りつつあった穀物が「シドル」のために甚大な被害を受けました。エビの養殖場も同様に被害を受けました。

 サイクロン「シドル」は障害者が多くを占める最貧困層にもっとも大きな爪痕を残しました。彼らは、即時的な救援を必要としています―直ちに、彼らの命を救うために。そして、通常の生活へと復帰していくためにも、即時的な復興援助も必要とされるでしょう。

 さて、私たちは現在、「シドル」で被災した地域のうちBPKSが活動を展開している県で、救援活動を進めようと、CBMIとともに準備を行っています。すでに地方事務所や協力団体には必要な指示を行い、通信が途絶えた地域には本部から人を派遣しています。また、海岸地域の救援プログラム全体を調整、管理するためのチームを本部に立ち上げました。この救援プログラムを通して、6000名の障害者とその家族を救援する予定にしています。各世帯は25ユーロ相当の救援物資を受け取ることになっています。その中には、緊急性に応じて、コメ、豆、塩、砂糖、石けん、ろうそく、ジャガイモ、生理食塩水などが入ります。5人家族であれば、20日分の食料が保障されることになります。

 BPKSは洪水後の復興プログラムを実行しています。「シドル」で被災したバリシャルとジャロカティの両県では、私たちがすでに行っている復興プログラムに組み込みました。現在他の3県(すでに私たちが展開している地域)の復興プログラムへも働きかけていこうと考えています。

 最後に、私たちの国全体、そしてあらゆる人びとが何らかの形で被災しているということを付け加えたいと思います。 

| | トラックバック (0)

2007年11月20日 (火)

第13回障害者政策研究全国集会(12/1-2・東京)

DPI日本会議が実行委員会の中心で呼びかけるイベントです。ぜひご参加ください。

第13回障害者政策研究全国集会 
テーマ:「障害者権利条約採択の次にくるもの」

(11月6日初回掲載)

趣意書(ワード形式)
要綱(ワード形式)
申込書(ワード形式)

○日時: 2007年12月1日(土)~2日(日)
  1日(土)全体会 
      午後1時~午後5時 (受付:12時より)
  2日(日)分科会  
      午前10時~午後4時45分(受付:9時より)

○会場:1日(土)戸山サンライズ 大研修室
     2日(日)戸山サンライズ
        新宿区立障害者福祉センター

○参加費:3,000円(1日目から参加の方は戸山サンライズ2階、2日目から参加の方は、各会場の受付でお支払いをお願いします)
*お弁当(別途1,000円)をご希望の方は、申し込み用紙にてお申し込み下さい。

○参加申し込み:申し込み用紙に必要事項を記入の上、FAXまたは郵便で事務局まで送付してください。

○情報アクセス:手話通訳、文字筆記、点字資料をご希望の方は、申し込み用紙の記入欄にご記入下さい。

○申し込み締め切り日:11月20日(火)

○主催:障害者政策研究集会実行委員会

○構成団体:(順不同)全国自立生活センター協議会(JIL)/全国公的介護保障要求者組合/差別とたたかう共同体連合/全国「精神病」者集団/全国ピアサポートネットワーク/障害児を普通学校へ・ 全国連絡会/障害者の政治参加を進めるネットワーク/日本脳性マヒ者協会・全国青い芝の会/全国障害者介護保障協議会/自治労障害労働者全国連絡会/DPI(障害者インターナショナル)日本会議

○共催:新宿区障害者団体連絡協議会

○事務局:障害者政策研究集会実行委員会・事務局  
     担当:上薗、福島
    〒101-0054東京都千代田区神田錦町3-11-8 
     武蔵野ビル5階 DPI日本会議内(点字印刷ビギン) 
TEL 03-5282-0015    
FAX 03-5282-0017   
Email fukushima@dpi-japan.org

<プログラム(概要)> *敬称略
1日(土) 
【全体会】13時00分~16時45分:戸山サンライズ 大研修室
 開会あいさつ
 障害者自立支援法をめぐる現状報告
<第1部> 
基調講演 「差別の撤廃と権利の時代を切り開こう!
―当事者の視点に立った障害者権利条約の活用を通じて」講師:東 俊裕 (DPI日本会議条約担当委員/弁護士)

<第2部> 
パネル・ディスカッション
「障害者権利条約の批准と国内履行に向けた課題と取り組み」
      
 パネリスト
  荒牧 重人(子どもの権利条約・山梨学院大学法科大学院教授)
  近江 美保(女性差別撤廃条約・国際女性の地位協会理事 国際委員長)
  東 俊裕(DPI日本会議条約担当委員/弁護士)
 コーディネーター 
  金 政玉(DPI障害者権利擁護センター所長)

2日(日)各分科会
【自立支援分科会】
 <午前> 「障害者自立支援法の問題点(主に重度訪問介護)」
 <午後> 「自立生活運動の全国展開(地方や過疎地での事例)」

【権利擁護分科会】
  テーマ:「障害者差別禁止法の制定をめざして」

【所得保障分科会】
<午前> 生活保護制度の現状と課題・・・北九州市の状況を巡って
 「生活保護制度はセーフティーネットとしての役割を担い切れるか」
<午後>
 「障害者年金制度の今後の方向性を探る-諸外国の年金制度における障害者の位置づけを参考に」        

【交通・まちづくり分科会】
テーマ:「バリアフリー新法における効果と課題」
<午前>  
 「バリアフリー新法におけるスパイラルアップ(段階的・継続的発展)
<午後> 
 「バリアフリー新法においての課題」

【精神障害を持つ人々の分科会】
テーマ:「社会的入院の解決と地域移行の取り組み」
<午前> 
人権の視点;知的障害・精神障害がある人々の裁判を通して考える
<午後> 
貧困の視点:長期入院・ホームレスから地域社会で自立生活を築く

【教育分科会】

【労働分科会】
テーマ「障害者の労働はひろがっていくのか?―権利条約批准、雇用促進法改定、自立支援法見直しそして社会的事業所制度」

| | トラックバック (0)

2007年11月16日 (金)

DPI女性障害者ネット「世界会議報告集会」(12/23・東京)

DPI日本会議の共催イベントです。お問い合せ、お申し込みはDPI日本会議事務局(下記)までお願いします。

DPI女性障害者ネットワークによる
「DPI世界会議韓国大会」報告集会

わたしたちが見てきた・聞いてきた・感じてきた世界の声
(初回掲載11月6日)

 今年の9月4~8日まで、韓国で、DPI(障害者インターナショナル)世界会議が行われました。
 この大会では障害者に関する様々なテーマが掲げられていましたが、その中でも特に、障害女性に関する分科会の多さに驚きを感じました。さまざまな抑圧や差別にさらされながらも、自分の性や生き方を否定される事にあきらめるのではなく、自分の生き方を主張していこうとする世界の障害女性たちの姿には、とても勇気づけられました。
 今回の報告集会では、DPI世界会議韓国大会で感じた事を広く伝え、ネットワークをつなげていきたいと思います。
 みなさまの参加をお待ちしています!

チラシはこちらからダウンロード(PDF形式)

○日時 2007年12月23日(日)12時半開場
全体会・分科会 13時~17時半
交流会     18時~

○会場
全体会と交流会 戸山サンライズ(新宿区戸山1-22-1)
分科会 新宿区障害者福祉センター(戸山サンライズの隣)

○手話通訳・要約筆記など情報保障あり

○参加費(資料代込み)1000円
  交流会費 500円

○参加申込み方法
・参加申込書に、参加ご希望の分科会などをご記入の上、なるべく早めにお申込みください。
・手話通訳、要約筆記(PC文字通訳)、テキストデータ、点字などの情報保障があります。保育を申し込む方は12月14日(金)までにお申込み下さい。ご連絡をお待ちしています。

■プログラム
13時~15時 全体会 世界会議報告[会場:戸山サンライズ]
 「主催者からのメッセージ」
      南雲君江  DPI女性障害者ネットワーク代表

 「女性障害者と権利条約」
      平野みどりさん(DPI日本会議副議長,熊本県会議員)
 「世界会議に参加してきて」
      米津知子さん(SOSHIREN 女(わたし)のからだから)

15時30分~17時30分 分科会[会場:新宿区障害者福祉センター]
ワークショップ形式です。みんなでいろんな話をしましょう!
分科会1 権利条約について 平野みどりさん他
分科会2 性と生殖について 米津知子さん他
分科会3 働くことについて 堤愛子さん(町田ヒューマンネットワーク)他

18時~ 交流会[会場:戸山サンライズ]

○主催 DPI女性障害者ネットワーク
○共催 DPI日本会議  自立生活センターHANDS世田谷
○協賛 日本カトリック司教協議会カリタスジャパン

○連絡先 「DPI女性障害者ネットワーク」
なるべくメールまたはFAXでご連絡ください。
メールの標題は「世界大会報告会参加申込み」でお願いします。

メールアドレス:dpiwomen_net@infoseek.jp
FAXと電話はDPI日本会議気付(担当:佐藤)
FAX:03-5282-0017
TEL:03-5282-3730

--------------
▼情報保障について 

視覚障害がある方に
 プログラムと配布資料のテキストデータを提供します。
 プログラムは紙点字を当日お渡しします。

聴覚障害がある方に
 全体会と全ての分科会に手話通訳者と要約筆記者(PC文字通訳)がいます。
 交流会は1名の手話通訳者と主催者スタッフによるノートテイクの用意があります。 

▼保育を申し込む方は12月14日(金)までにお申し込みください。
 保育を実施するときは新宿区障害者福祉センターの多目的室を使用します。

★参加お申込みは、下のア~クにご記入のうえ、メールまたはファックスでお申し込みください。

--------------
2007年12月23日(日)世界大会報告会 参加申込書

ア)参加希望分科会 →番号【  】
  1.権利条約について 2.性と生殖について 3.働くことについて

イ)交流会参加   →番号【  】※
  1.参加する  2.参加しない
 ※準備の都合上、できるだけ事前にお知らせください。当日受付でもうかがいます。

ウ)お名前 【       】ふりがな【       】

エ)連絡先 1)電話  【            】
      2)FAX【            】
      3)メール【                】

オ)所属団体【                   】

カ)あなたが企画当日に必要とされる情報保障があれば記入してください。

         →番号【      】
1・手話通訳
2・パソコン要約筆記(PC文字通訳)
3・点字プログラム
4・テキストデータ
5・そのほか【                】

キ)保育希望は、子どもの年齢、人数や、伝えたいことを書いてお申し込み下さい。

ク)主催者への伝言やメッセージがあればお書きください.

| | トラックバック (1)

2007年11月 8日 (木)

「安心・安全なお出かけを考えるシンポジウム」(12/10・札幌)

DPI日本会議に届いたイベント案内です。お問い合せ、お申し込みは主催者までお願いします。

安心・安全なお出かけを考えるシンポジウム
~地下鉄琴似駅の車いす転落事故から1年~

 昨年12月札幌市営地下鉄琴似駅で階段からの転落死亡事故が起きました。当時は北海道新聞や各メディアに報道され、社会にバリアフリーについて考えるきっかけとなり、事故が起きた琴似駅の改修は、現在は全国自治体のバリアフリー指針のモデルとなっています。
 あの事故から1年。
 添付及び以下のとおり、札幌市主催で「安心・安全な お出かけを考えるシンポジウム」が開催されます。誰もが自由に安心・安全な外出が出来る環境を作っていかなければなりません。是非お時間のある方はご参加ください。

チラシはこちらからダウンロード(PDF形式)

主催:札幌市保健福祉局保健福祉部

日時:12月10日(月) 18:30~20:30

会場:札幌エルプラザ3階ホール
   (札幌市北区北8条西3丁目)

定員:280名

参加費:無料

○お申し込み・お問い合わせ
  札幌市コールセンター
   電話:011-221-4849
      FAX:011-221-4849
Eメール:info4894@city.sapporo.jp

| | トラックバック (0)

JDFセミナー「障害者権利条約と国内法整備」(12/5・東京)

DPI日本会議が加盟するJDFのセミナーです。ぜひご参加ください。

日本障害フォーラム(JDF)セミナー

「障害者権利条約と国内法整備」
 ~批准に向けた各分野の課題はなにか? 教育・労働を中心に~


 昨年12月13日に国連総会において障害者の権利条約が採択され、日本も今年9月28日に署名を行いました。現在政府では、批准に向けて関連する分野の国内法の整備を進めていますが、我々は権利条約の理念がどのような形で国内法に反映されるのか非常に大きな関心を持っています。
 今回のセミナーでは、教育と労働の分野を中心に、権利条約の理念を国内法に反映させ、真に差別のない社会を実現させるための方法について、参加者とともに考えて行きたいと思います。

チラシはこちらからダウンロード(PDF形式)

日時 :2007年12月5日(水)10:00~16:00
場所 :中野サンプラザ コスモルーム
     http://www.sunplaza.jp/access/
    (中野区中野4-1-1 TEL:03-3388-1151)
定員 :200名
参加費:1,000円(介助者は無料)

■申込方法 下記ホームページから参加申込みができます。
      または文末の事務局にお問い合わせください。
       http://www.normanet.ne.jp/~jdf/1205/

■プログラム(敬称略)

10:00 開会挨拶 小川 榮一(JDF代表)
10:05 基調報告 森 祐司 (JDF政策委員長)
10:30 特別講演 厚生労働省職業安定局障害者雇用対策課長
         文部科学省初等中等教育局特別支援教育課長

12:00 ~ 昼休み ~

13:00  パネルディスカッション
     コーディネータ 藤井 克徳 (JDF幹事会議長)
     パネリスト     厚生労働省障害者雇用対策課
               関係省庁より(依頼中)
               大曽根 寛 (放送大学教授)
                  平野 みどり(熊本県議会議員/DPI日本会議副議長)
               大久保 常明(全日本手をつなぐ育成会常務理事)
     コメンテータ   東 俊裕  (JDF権利条約小委員会委員長/
               元権利条約特別委員会政府代表団顧問)

     指定発言あり

16:00 閉会
 *プログラムは変更することがあります

■申込先・問合せ
  JDF事務局 原田、松田
  電話: 03-5292-7628 Fax: 03-5292-7630 
  E-mail:  jdf_info@dinf.ne.jp
  http://www.normanet.ne.jp/~jdf/1205/

| | トラックバック (0)

2007年11月 6日 (火)

障害者権利法制の確立に関するセミナー(11/23・札幌)

DPI北海道ブロック会議のイベントです。お申し込み・お問い合せは主催者までお願いします。

第6回DPI札幌大会開催5周年&第7回DPI韓国大会開催記念イベント
障害者権利法制の確立に関するセミナー

~DPI札幌大会の成果を引き継ぎ、より発展させるために~

詳しくは、DPI北海道ブロック会議ウェブサイトをご覧ください。
お申し込みも、できるだけオンラインでお願いします。

お申し込みフォームはこちらから

○日時:11月23日(金) 13:00-17:30

○会場:札幌市視聴覚障がい者情報センター 2F 大会議室
       (札幌市中央区大通西19丁目1-358)

○定員:100名(定員になり次第締め切ります。)

○参加費:500円
    (資料代として・介助者は資料を必要としない場合は無料。)

10.内容
 12:30 開場
 13:00 開 会
    開会挨拶&
         DPI北海道ブロック会議名誉議長        神田直也
    報告「障害者権利条約と第7回DPI世界会議韓国大会について」
     DPI日本会議副議長&DPI北海道ブロック会議議長 西村正樹
 13:30 記念講演「韓国障害者差別禁止法と私たちの取り組み」
     韓国DPI事務処長&ソウルDPI会長       魏 文淑氏
          (通訳 DPI日本会議事務局   崔 栄繁氏)
 14:30 休 息
 14:45 
   パネルディスカッション「障害者権利法制確立の意義と課題」
      ~ 国内法と地方自治体としての課題と取り組み ~
   パネリスト      
    千葉県健康福祉部障害福祉課障害者計画推進室長 横山正博氏
    北海道保健福祉部福祉局障害者保健福祉課長   中野孝浩氏
    北海道議会議員(自民党・道民会議)      清水誠一氏
    北海道議会議員(民主党・道民連合)      林 大記氏
    北海道議会議員(公明党)           佐藤英道氏
    北海道議会議員(日本共産党)        花岡ユリ子氏
   コメンテーター   
    国連障害者権利条約特別委日本政府代表団顧問
    DPI日本会議条約担当役員・弁護士       東 俊裕氏
    韓国DPI事務処長&ソウルDPI会長        魏 文淑氏
   コーディネーター 
    北星学園大学社会福祉学部福祉臨床学科教授  田中耕一郎氏
  17:30 終  了

○主催:DPI(障害者インターナショナル)北海道ブロック会議

○共催:DPI(障害者インターナショナル)日本会議

| | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »