« 障害者の権利条約講演会(6/11・東京) | トップページ | セミナー「障害女性の現状と未来を語る」(7/8・東京) »

2007年6月 8日 (金)

反貧困キャンペーン「障害をこえてつながろう」(6/21・東京)

DPI日本会議が賛同する「反貧困キャンペーン」の参加企画です。お問い合わせ、お申し込みは下記までお願いします。

障害をこえてつながろう!
6・21東京集会
~障害と貧困について考える 本当の豊かさをもとめて~

Antipoverty_campaign 

 「年金はもっと低いんだから、生活保護はもらいすぎ」生活もままならない当事者同士だけを向き合せて、より低い基準に切り下げていく風潮がある。その考え自体も貧困だが、周りにある様々な障害をのりこえた繋がりが、今、必要になっている。

 先輩達が創ってきた、障害年金、他人介護加算等は何のためのお金だろう。生活費?住宅費?介護費?支給基準も国籍や、病気等に切り分けられ、すっぽり抜け落ちてしまう「制度の狭間」がある。又、生命だけがまもられればいいの?人と人との繋がりを大切にして人間らしくくらしたい。本当の豊かさとはなにか?みんなで考え、話し合ってみたい。先達が築き上げてきた制度を、あたりまえに受けている人たちも必見です!

●日時: 2007年6月21日(木)      
 (開場13時)午後13時30分~16時30分
●場所: 戸山社会教育会館 ホール
 新宿区戸山2-11-101

●参加費:無料(但し資料代500円)
    *手話、要約筆記あり

●内容:
・反貧困キャンペーンからのアピール
 湯浅誠さん(反貧困ネットワーク準備会事務局長)

・当事者発言
 ○在日障害無年金 ○障害学生無年金
 ○年金の境界線  ○生活保護
 ○知的障害の働くということ 等の立場から発言

・パネルディスカッション  
 ・進行 三澤 了さん(DPI日本会議)
 ・在日無年金のかかえる問題  柴田 文恵さん(在日無年金問題関東ネットワーク)
 ・24時間介護要求運動~制度を創ってきた立場から~ 益留 俊樹さん(パーソナルアシスタンス☆フォーラム)
 ・精神障害者の立場からの本音トーク  加藤 真規子さん(こらーる・たいとう)
 ・制度の狭間の問題、医療モデルが生む格差 山本 創さん(難病をもつ人の地域自立生活を確立する会)
 ・障害者の所得保障制度について 岡部 耕典さん(リソースセンターいなっふ)

●参加申し込み:お名前、住所、連絡先、所属団体等を下記連絡さきまでお申し込みください。
FAX 03-5282-0017  
Mail living@y5.dion.ne.jp 

(詳細等のお問い合わせは 03-5282-3730 090-6193-1232 担当 山本までご連絡ください)
 
●主催 障害をこえてつながろう6・21東京集会実行委員会/東京都地域精神医療業務研究会/在日無年金問題関東ネットワーク/東京都自立生活センター協議会/DPI東京行動委員会/こらーる・たいとう/パーソナルアシスタンス☆フォーラム

|

« 障害者の権利条約講演会(6/11・東京) | トップページ | セミナー「障害女性の現状と未来を語る」(7/8・東京) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159489/15361361

この記事へのトラックバック一覧です: 反貧困キャンペーン「障害をこえてつながろう」(6/21・東京):

« 障害者の権利条約講演会(6/11・東京) | トップページ | セミナー「障害女性の現状と未来を語る」(7/8・東京) »