« 北海道地域福祉学会定例研究会(2/27・札幌) | トップページ | セミナー「障害者と災害」(2/24・東京) »

2007年2月15日 (木)

大葉訴訟傍聴呼びかけ(2/28・東京)

DPI日本会議が支援を決定した行動の案内です。お問い合わせ・お申し込みは下記までお願いします

「障碍」を持つ教師の学校からの排斥は違憲・違法!
大葉訴訟の公判傍聴に結集しよう!

 差無生・障教連は、「障碍」(障碍や病気、等)を持つ人や様々な困難を持つ社会的に弱い立場に置かれている人が、人権を保障され、すべての人が互いに思い合う、真の共生社会をつくっていくために、自らの生き方を問い直し、社会のあり方を問い直して、具体的な個々の当該を大切にしていく社会運動団体です。
 当初は、教育現場におけるノーマライゼーション(障害を持つ教師の働く権利保障)の実現の運動を展開してきましたが、現在では、教育だけでなく、交通や福祉行政全般、人権問題など、あらゆる差別を無くす「差無生」運動を推進してきています。

 初公判は、2007年2月28日(水)午前10時から、東京地方裁判所722号法廷(地下鉄:霞ヶ関駅)においてです。多くの方々の傍聴参加をお願いします。
 また、公判後、隣接の弁護士会館508号室で、支援集会を行いますので、こちらもご参加を、よろしくお願いします。

お問い合わせ、ご連絡は下記までお願いします。
栗川治(事務局長、新潟県立新潟西高等学校教諭、障碍:視覚)
 〒950-2112 新潟市内野町621
電話 070-5010-5833
FAX 025-262-3678
osamu.kurikawa@nifty.com
url: http://homepage2.nifty.com/samusei_syoukyouren/

|

« 北海道地域福祉学会定例研究会(2/27・札幌) | トップページ | セミナー「障害者と災害」(2/24・東京) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159489/13917485

この記事へのトラックバック一覧です: 大葉訴訟傍聴呼びかけ(2/28・東京):

« 北海道地域福祉学会定例研究会(2/27・札幌) | トップページ | セミナー「障害者と災害」(2/24・東京) »