« 「自立支援法」緊急要望に関する署名提出(第2次集約中) | トップページ | Handicap Free Art 2007出品募集(2/26必着・東京) »

2006年12月14日 (木)

障害者の権利条約、国連で採択

 2006年12月13日(水)午前10時50分(現地時間)、ニューヨークの国連本部で「障害者の権利条約」がコンセンサス採択(全会一致による採択)されました。2001年の国連総会でメキシコ政府が条約策定を提案して以来、5年での採択となりました。これはこれまでの人権条約に比べてかなり早い採択です。(採択された条文を含んだ「特別委員会報告書」:英語)

 条約案を審議していた「特別委員会」では障害NGOなどもさまざまな立場で関わり、障害者自身の声を反映させた条約作りを進めてきました。DPI日本会議も、東俊裕常任委員が政府代表顧問として加わり、また、JDF(日本障害フォーラム)の条約委員会事務局として日本の障害者組織の声の取りまとめを行ってきました。

 今後は、障害者差別禁止法の策定、インクルーシブ教育の実現など、条約の批准に向けて、国内法制を見直させていくための活動を一層活発にしてまいります。

 なお、JDFでは、明日厚生労働省記者クラブで記者会見を行います。

(関係報道など・順不同)

|

« 「自立支援法」緊急要望に関する署名提出(第2次集約中) | トップページ | Handicap Free Art 2007出品募集(2/26必着・東京) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159489/13068167

この記事へのトラックバック一覧です: 障害者の権利条約、国連で採択:

« 「自立支援法」緊急要望に関する署名提出(第2次集約中) | トップページ | Handicap Free Art 2007出品募集(2/26必着・東京) »