« NHKで自立支援法の放送(7/3,4) | トップページ | 厚生労働省ホームページへの意見募集 »

2006年7月 5日 (水)

医療観察法のある社会を問うシンポジウム(7/15・東京)

DPI日本会議に案内のあったイベントです。申込については主催者にお問い合わせください。

保安処分法施行1年!
心神喪失者等医療観察法のある社会を改めて問う

■日時  7月15日(土)13時~17時
■場所  南部労政会館
電話番号  03(3495)4915
■交通  JR山手線 大崎駅 徒歩3分
※連絡デッキを進み、専用エレベーターで1Fへ降りる。

■会場費 300円(チケットあります)
■集会概要
基調報告 龍眼さん
(心神喪失者等医療観察法(予防拘禁法)を許すな! ネットワーク)
シンポジウム「心神喪失者等医療観察法のある社会を改めて問う」
・岡田靖雄さん(精神科医:コーディネーター)
・市野川容孝さん(社会学者)
・池原毅和さん(弁護士)
・大賀達雄さん(日本病院・地域精神医学会)

共催
  心神喪失者等医療観察法(予防拘禁法)を許すな! ネットワーク
  国立武蔵病院(精神)強制・隔離入院施設問題を考える会
  TEL. 090-8432-1091/TEL.FAX 042-348-1127

|

« NHKで自立支援法の放送(7/3,4) | トップページ | 厚生労働省ホームページへの意見募集 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159489/10797917

この記事へのトラックバック一覧です: 医療観察法のある社会を問うシンポジウム(7/15・東京):

« NHKで自立支援法の放送(7/3,4) | トップページ | 厚生労働省ホームページへの意見募集 »