« 障害者ケアマネジメント実務者研究会(7/13-14・札幌) | トップページ | 「第1弾障害者自立支援法アンケート調査」終了しました! »

2006年6月19日 (月)

世界銀行 精神保健と障害者に関する調査

世界銀行 精神保健と障害者に関するアンケート調査


 世界銀行では、障害問題を考慮したインクルーシブなプロジェクト作りを内部で進めています。これまでも、教育や社会政策、都市インフラなどの部門で基準作りやネットワーク作りが行われてきました。DPI日本会議も、2003年3月から現在に至るまで、中南米地域を中心にこうした取り組みを支援しています。

 こうした動きの一環として、世銀では精神保健サービスを障害者が使う際のバリアについての調査を行います。あらゆる障害者が精神保健サービスにアクセスできるように検討していくための情報収集が目的となっていることから、調査対象は、精神障害者以外の身体障害者や知的障害者などになっています。

 期限は6月30日になっています。世銀の医療・保健部門が障害者によりアクセスのよいプロジェクトを作っていくためにも、この調査へのご協力をお願いいたします。

アンケート調査票はこちらからダウンロードしてください

|

« 障害者ケアマネジメント実務者研究会(7/13-14・札幌) | トップページ | 「第1弾障害者自立支援法アンケート調査」終了しました! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159489/10594526

この記事へのトラックバック一覧です: 世界銀行 精神保健と障害者に関する調査:

« 障害者ケアマネジメント実務者研究会(7/13-14・札幌) | トップページ | 「第1弾障害者自立支援法アンケート調査」終了しました! »