« 「今こそ急げ、障害者の所得保障を!」集会(5/21・埼玉) | トップページ | NGO研究会「人間の安全保障と障害者支援」報告書 »

2006年4月28日 (金)

ネパールにおける障害者の不当逮捕に抗議

カトマンズにおける障害者逮捕に対し、ネパール大使へ抗議文

 4月25日、DPI日本会議は、4月13日にカトマンズで民主化デモの負傷者を救援するために募金活動をしていたDPIネパール(ネパール全国障害者連合会)のメンバー15名が逮捕されたことについて、東京にあるネパール大使館に抗議を申し入れました。

 15名のメンバーは、極めて平穏に活動をしていたにもかかわらず、警官隊によって逮捕されたということがDPIネパールから伝えられています。DPIアジア太平洋事務所(タイ)では、アジア太平洋をはじめとする各国のDPIに対して、ネパール政府や大使館に抗議を行うよう呼びかけていました。DPI日本会議は、この呼びかけを受け、今回の事件が障害者の表現の自由を侵す許しがたい行為であるという認識に立ち、抗議を行いました。

 抗議文(日本語:ワードファイル)  

 抗議文(英語:ワードファイル)

|

« 「今こそ急げ、障害者の所得保障を!」集会(5/21・埼玉) | トップページ | NGO研究会「人間の安全保障と障害者支援」報告書 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159489/9802438

この記事へのトラックバック一覧です: ネパールにおける障害者の不当逮捕に抗議:

« 「今こそ急げ、障害者の所得保障を!」集会(5/21・埼玉) | トップページ | NGO研究会「人間の安全保障と障害者支援」報告書 »