« 福祉用具国民会議(東京・5/13) | トップページ | ネパールにおける障害者の不当逮捕に抗議 »

2006年4月27日 (木)

「今こそ急げ、障害者の所得保障を!」集会(5/21・埼玉)

DPI日本会議の共催イベントです。お問い合わせは主催者まで直接お願いいたします。

今こそ急げ、障害者の所得保障を!-集会に多くの参加を-

 今年の4月より、障害者の最低生活の保障さえも破壊しかねない、戦後の福祉制度が始まって以来の最悪の法律である「障害者自立支援法」が施行されました。

 この「障害者自立支援法」は、障害者の介護にも1割負担、障害者の日常生活に必要な車イスや補装具の給付時にも1割負担、医療費に関しても精神医療や更正医療を合わせた「障害者自立支援医療」等にも1割負担と、私たち障害者本人はもちろん、それを支えてきた多くの家族にも大きな負担を強いるものとなっています。私たち障害者が主体性を持って、地域で自立生活をしようと思えば、まずは所得保障を確立することが不可欠です。 私たちは、各種福祉制度が大きく変革されている今だからこそ、私たち障害者の力を結集して、新たな障害者の所得保障制度をこの国に創らせていきたいと思っています。今の国家財政の下、具体的にどういった制度を要求していくべきか、金額設定や年収所得の上限、家賃等の地域間格差等、様々な問題があります。そういった問題を皆で話し合い議論し、障害者の所得保障を政策として、厚生労働省を始め関係機関に提言していきたいと考えています。

 多くの仲間の集会への参加をここに呼びかけ、障害者の所得保障を確立するために、共に行動されん事を願います。

○日時:5月21日(日) 13時受付 13時30分~16時30分

○参加費:500円

○会場:彩の国すこやかプラザ3F さいたま市浦和区針ヶ谷4-2-65
 (与野駅西口から徒歩10分)

○お問い合せ: 全国障害者の所得保障を確立する協議会 
  さいたま市桜区上大久保1000 コーポ上大久保403号室 金子方
  電話 048-816-5772 

主催 : 全国障害者の所得保障を確立する協議会  代表 片岡 博
共催 : 障害者政策研究全国実行委員会   代表 三澤 了

|

« 福祉用具国民会議(東京・5/13) | トップページ | ネパールにおける障害者の不当逮捕に抗議 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159489/9788134

この記事へのトラックバック一覧です: 「今こそ急げ、障害者の所得保障を!」集会(5/21・埼玉):

» 障害者の所得保障 [ちなつ 自閉症 養護小六の父]
こんなことを いつまでも言い続けなければならないシステムが間違っていると思う。 これが当たり前に出来るシステムを考えて欲しい。 [続きを読む]

受信: 2006年5月17日 (水) 04時36分

« 福祉用具国民会議(東京・5/13) | トップページ | ネパールにおける障害者の不当逮捕に抗議 »