« 国連会議場から(6) | トップページ | 東横イン不正改造問題抗議並びに緊急アピール »

2006年2月 1日 (水)

学校教育法改正審議への緊急行動

2月14日から16日に国会周辺で、これまで障害児の教育運動に取り組んできた団体と連携し、今国会で予定されている学校教育法改正審議に対する連続行動を行います。

 現在、文部科学省は、中央教育審議会特別支援教育特別委員会の最終答申を元に、学校教育法等の改正を目論んでいます。予算関連の法案が先議となるため、学校教育法改正案は4~5月ごろ審議になるのではないかと予想されます。したがって、3月に法案上程、閣議決定となる見込みです。

 法案が上程されるこの時期に、現在の分離教育の元凶となっている学校教育法、関係諸法令の問題点をできるだけ多くの人々と共有し、障害の有無にかかわらず学校で共に学べるよう「関係法令を改正する必要がある!」と声を上げたいと思います。

 3日間の行動予定は、次の通りです。

  • 2月14日 文部科学省との話し合い 10時30分~13時  参議院議員会館第一会議室
  • 2月15日 ロビーイング 1時集合 衆議院第2議員会館  
  • 2月16日 学校教育法・学校教育法施行令・学校教育法施行令規則の改正に向けた対案提起 11時30分~13時30分 参議院議員会館第一会議室

3日間連続行動に興味のある方、参加できる!という方、是非、ご連絡ください。お願いいたします。
行動についての問い合わせ先:minamidate@dpi-japan.org (南舘)です。

詳しい情報は「学校教育法改正・原則統合」緊急連絡会議ブログをご覧ください。

よろしくお願いします。

|

« 国連会議場から(6) | トップページ | 東横イン不正改造問題抗議並びに緊急アピール »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159489/8451515

この記事へのトラックバック一覧です: 学校教育法改正審議への緊急行動:

« 国連会議場から(6) | トップページ | 東横イン不正改造問題抗議並びに緊急アピール »